【股関節の前側を伸ばすことで得られる効果とは?】ストレッチを習慣化し、健康づくりを

健康への意識が高まりつつある現代。

様々な健康習慣が出て来ています。

トレンドに合わせて、時代の流れを楽しむのも良いですが、昔から行なっていたストレッチでも様々な恩恵を受けれます。

なにより、健康を意識した習慣を1つもつだけでも、体が大きく変わっていきます。

健康は日々の積重ねにより起こりますので、いつ始めてもいいんです。

今回は、股関節のストレッチについて記事にしていきます。

よく見るストレッチ。どのような効果があるんでしょうか。それではよろしくお願いします。

f:id:kazu532120:20180325072612p:plain

開脚だけじゃ無い?股関節のストレッチ

開脚の記事をみたい方はこちらを参考にしてください。

今日の開脚 経過報告③ 床が近づいてきました。 – こちゃろぐ

股関節というと、開脚ができるかどうかについて着目しがちですが、股関節は球状の関節なので、様々な方向に動くことが重要なんです。

そのため、開脚もそうですが、色々な動きができることでより効率のよい運動をすることができます。

前側も伸ばそう

f:id:kazu532120:20180327164031p:plain

今日は股関節の前側を伸ばしています。

開脚をやる前にもオススメのストレッチ。

日本人は、自分を表現するのが苦手だそうで、国民性の話でもよく出てきますよね。

それと同様で、どうしても、下向きがちになる国民性。

これが実は肩こり、腰痛の原因にもなるんです。

f:id:kazu532120:20180327164341j:plain

下をずーっと向いていると、頭が前側にいくので、後ろの筋肉や軟部組織が伸ばされていきます。

その結果、肩こり、頭痛、腰痛などにつながっていきます。

腰痛に関しては世界的にも問題になっており、就業困難、欠勤となる原因の一つにもなっています。

このうつむき姿勢を改善するためにも、このストレッチはオススメです。

うつむき姿勢は肩に意識が向きがちですが、股関節も同様に硬くなっています。

股関節を伸ばすことでも、肩の位置も修正できます。

猫背の人にもおすすめのストレッチですので、試してみてください。

ポイント

私自身も体が硬く、このストレッチはかなり効きます。

ポイントは、この姿勢を取ったら伸ばすというよりも、足をながーくしていくことです。

f:id:kazu532120:20180327165005j:plain

こんな感じ!

ながーくしていった結果、股関節の前側が伸びて行くイメージ。

股関節の後ろ側の筋肉を使って、前側は伸ばす。

筋肉は法則性があり、使った方と反対の筋肉は伸びやすくなります。

それを使って、どんどん前側伸ばしていきましょう。

また、余裕がある人は、ストレッチの際に筋肉を緩めることを意識してみてください。

無理に伸ばそうとすればするほど筋肉は縮こまってきます。

緩める意識と深呼吸。深呼吸をしながら固まっている筋肉や緊張しすぎている筋肉に目を向けてみてください。

自然と楽になるはずです。深呼吸だけでもこうかもあります。

関連記事>>>www.kazu5321.com

この時も以前紹介した『骨盤を立てる』を意識すると良いです。
https://kazu5321.hatenablog.com/entry/2018/03/25/%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%AE%E9%96%8B%E8%84%9Akazu5321.hatenablog.com

気になったらチェックしてみてください。

注意点

このストレッチは、いつもストレッチをやらない人にはきついかもしれません。

ポイントは痛気持ちいい程度で止めることです。

無理せずやっていきましょう。

少し、レベルを下げたストレッチも希望があれば載せていきます。

前側をのばすことで、姿勢がかなり良くなります。

縮こまった前側を伸ばす習慣が前向きな姿勢を作り、心と体を変化させていきます。

ぜひ取り入れてみてください。

それではありがとうございました。

朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」―――睡眠専門医が教えるショートスリーパー入門

朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」―――睡眠専門医が教えるショートスリーパー入門

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です