単脚ストレッチ 腰痛にもおすすめ 美脚も夢じゃない?

おはようございます。
昨日はすごい風でしたね。
アクアラインも止まっていたようで、どこも混んでたみたいです。
この風で、残ってた桜も散ってしまったんでしょうか。
早いですねー。


今日は昨日の夜の記事でオススメしたストレッチの紹介!

単脚ストレッチ

f:id:kazu532120:20180406201946p:plain
これは、初心者の方や体の固い方には結構きついかもしれません。

効果としては、大臀筋、ハムストリングス、腓腹筋、足底腱膜などの後ろの筋肉の伸長ができます。

うまく伸ばしてあげると、筋がうまく働くようになるので、体が軽くなります。

また、ストレッチ自体でも血流の改善効果も期待できるので代謝の向上にもつながります。

後ろ側の筋肉を伸ばしてあげることで、姿勢も綺麗に見えます。

かなり大きい筋肉なので、段階づけしながら行うといいでしょう。

それでは、ポイントをお伝えします。

ストレッチのポイント

f:id:kazu532120:20180407061607j:plain
このストレッチのポイントは姿勢の意識にあります。

前に伸ばすストレッチだから、ついついきつい姿勢だと背中が丸まってしまいます。

そのため、痛気持ちいいくらいでキープしたら、そこで姿勢を良くするよう意識しましょう。

画像のように、最初から手ではなくてもタオルを使って足を伸ばすのでも構いません。

それでもきつい方は寝て行なってください。

寝て行うと背中が丸くなりづらいので最初に行う方はやりやすいと思います。

f:id:kazu532120:20180407061506j:plain

意識するのはここですね。

ついつい足をあげることに意識が向くため、背中が丸くなってしまいがちなんですが、これを意識するのとしないのとでは、大きい違いです。

うまく伸ばせているときは痛気持ちいい程度ですが、丸まって無理して伸ばそうとすると我慢できないものです。

自分のレベルに合わせて行うことが大事です。

片脚ずつ30秒×2セット程度でいいです。

意識すれば十分短時間でも効果あります。

まとめ

ストレッチのポイントについておさらいしましょう。

①後ろ側の筋肉を意識

②体を丸めすぎない

③レベルに合わせてタオルを使う、仰向けで行う等を意識する

④時間は30秒程度

以上です。

ダイエットや綺麗な姿勢になりたい人、もちろん身体が固い人にオススメです。

ぜひ、行なってみてください。

私もついつい丸くなってしまうので、一緒に頑張りましょう。

最後までありがとうございました。

今日も1日頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です