本来持つ力で治す『脳はいかに治癒をもたらすか』

本紹介です。

今回は、脳関連の本。

最近は、脳関連の本も一般向けにかなりの数が書かれてますよね。

私自身も結構、読んでて一般向けのほうが、患者さんに説明したりするのに、わかりやすかったりますね。

また、患者さん自身の体験からの本もあります。

意外と数は出てきていて、特にこれは理学療法士として、『頑張ろう』と思える内容でした。

患者さんが、書いた本って直接の体験なので、とても参考になります。

この本についてはまたレビューしたいと思います。

本を読むきっかけ

今回のタイトルは『脳はいかに治癒をもたらすか』

脳機能は、私が思っている以上にすごいものです。

しかし、難病を引き起こす原因もこの『脳』です。

脳による難病、疾患は多くありますよね。

その代表的なものが、脳卒中、認知症、パーキンソン病などでしょうか。

他にも、自閉症やうつ、慢性疼痛なども脳が原因といえるものの一つです。

脳をうまく使える習慣や、身体を大事にする習慣を持つことが大事です。

難病と思われていたものなんかが、もしかしたら生活習慣からくるものかもしれません。

運動も、脳にとっていい影響を及ぼすことが言われています。

運動すると頭が良くなる? 文武両道は理想的。『有酸素運動』を始めよう。 – こちゃろぐ

この本は本来持つ脳の治癒力についてフォーカスを当てています。

新しい治療法でもなく、本来の治癒力によって脳機能の改善を図る。

難病も例外ではないみたいです。

リハビリを提供するにあたっての、エッセンスとなると思い読みました。

脳はいかに治癒をもたらすか

神経難病、脳卒中、自閉症など様々な疾患について書かれています。

それは、取り入れやすいものから、そうではないものもあります。

しかし、間違いなく自分自身や周りの方にとって、参考になると思います。

慢性的に痛みがある方、自閉症の子どもがいるかた、神経難病をお持ちの方。

この本を読めば治るわけではありません。

しかし、何らかの希望を持つことが可能でしょう。

治療困難と呼ばれる病気は、患者さんや家族の気持ちも不幸にしてしまいます。

そういった方にも『可能性』を感じさせる一書になっていると思います。

少し、専門的な話が多いので、一般向けとはかけ離れるかもしれませんが、読んでみる価値はあります。

<広告リンク>


とくに近年注目されている、『脳の可塑性』についてフォーカスをあてて書かれており、どのようにしたら脳の可塑性が良い方向に働くか。

どういった刺激が、脳に良いのか。

それが、身体にどういう影響をするのか。

とても良い刺激材料にもなると思います。

本を読んで変わったこと。

f:id:kazu532120:20180419171814p:plain
この本を読んで、患者さんや体の事で悩んでいる方。

パーキンソンのリハビリなど少しヒントになるものがありました。

また、脳に良い影響を与える周波数、音楽なども少し意識して取り入れるようにしました。

キーワードは『同期』ですね。

脳を考えるうえで、考えたほうが良いキーワードの一つだと思います。

多感覚統合 脳科学の発展 – こちゃろぐ

音楽は、日常生活にすぐ取り入れられるものです。

寝る前や作業中のBGMとしてもいいですね。

脳への刺激をどのように意識すると気持ちも体も変わるものです。

良い睡眠が得られれば、疲労の回復にもつながり、仕事のパフォーマンスも変化することでしょう。

ストレスや情報が多い時代。

取り入れる情報も選択していきたいですね。

私も、いろんな本と出合って、共有することでいい刺激をもらっています。

脳関連の良い本があれば、私にも教えてください。

最後までありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です