頭頂の意識で体が整う。FRT体験会シェア!無意味な筋トレを辞めて、効率的な身体づくりを。

f:id:kazu532120:20180521070104j:plain

みなさん筋力トレーニング好きですか?

私は大好きです。

やった結果が成果にならないことって、意外と多いですよね。

一生懸命やったのに、なかなか評価されない。

頑張っているけど一向に状況が変わらない。

こういう時は、筋トレをやりましょう!笑

筋トレは裏切りません。

何をやったらいいって?

最初はただただ無心でやればいいと思います。

考えている時間がもったいない!

ハマってきたら、凝っていけばいいんです。

継続できないもので、成果は得られにくいです。

今回は、ボディワークの勉強会に行ったので、まとめも含めてシェアします。

よろしくお願いします。

FRTって?

f:id:kazu532120:20180521070138j:plain
FRTは『ファンクショナルローラーピラティス』のことです。

『ピラティス』は知ってるけど、FRTって?

って人は是非この記事を読んで興味を持ったら、体験会でも行ってみてください!

私自身は、資格を持ってないのですが、千葉県の近くであれば、連絡をいただければ何かしらの紹介はできると思います。

さて、このFRT。

ピラティスを学んで『あ、これいいなー!』と思った、理学療法士の中村直人さんが作った概念のようです。

元々理学療法士の資格を持っていて、その後ヨガを学び、ピラティスに出会う。

その中でピラティスと理学療法の概念を合わせて『FRT』を作ったんだとか。

書籍も出していて、専用のローラーもあります!

エロンゲーションが鍵

f:id:kazu532120:20180521070159j:plain
今回の勉強会では、この『エロンゲーション』を意識していました。

このエロンゲーションは、抗重力伸展活動。伸長反応。というふうな意味。

重力に対して伸びていく反応のことのようです。

私も、何度か勉強会などで聞いていたので馴染みがありますが、初めて聞いた人も多いと思います。

このエロンゲーション。

生活する上でとても大事だと何度も訴えていました。

効率的な動きを作るためには、屈曲で体を固めず、バネのような体を作ることが大事だと。

いかに、伸びていくかが大事なのか。

それを、昨日は体験してきました。

体を効率よく伸ばしていく。

体を伸ばすといっても反っては意味がありません。

重力に抗するわけですから、反っては重力に対して伸びることができません。

どこを意識するかというと『頭頂部』。

ふつうに座っている状態から、頭頂部を意識してください。

そして、首の前後のシワが寄らない位置に頭を持ってきます。

少し首を上げた姿勢が、良いです。

そこから、頭頂部に向かって伸びていく。

ぐーーーっと伸びます。

その姿勢が自然と重力に抗している姿勢。

そこで大事なのが首を絞めすぎないこと。

過度に首を引かないことです。

伸びているけど適度の余裕がある状態が理想です。

この意識を座っているとき、立っている時に意識するだけでも体の疲れが変わってきます。

初めて見てください!

簡単な意識で視野が変わる

f:id:kazu532120:20180521070211j:plain
さぁ、ここで体が変わることを共有していきましょう。

頭の位置での視野の違いを体感してください。

ここでは、顎を少し上げた位置(カンペル平面)、顎を引いた位置(フランクフルト平面)での違いを確認します。

やり方はこうです。

  1. 眼球を首を動かさずに、左右にうごかす。
  2. 顎を引いた位置で左右に同様に動かす
  3. 顎を上げた位置で左右に動かす。

どうだったでしょうか。

顎を上げた位置の方が、動かしやすかったはずです。

実は、少し顎を上げた方が、眼球は中間位になるので、動かしやすいのです。

特に遠くを見るときや、観衆に囲まれている何かを見る時って顎が少し上がって、爪先立ちになりませんんか?

体が自然と目で見やすい位置に持って行っている様です。

作業ばかりしていると、ついつい視野が狭まってしまうもの。

少し時間を作って、眼球の正中位を作って見てください。

体が楽になることを感じると思います。

少し上を向いて生活していきましょう!

それでは、この記事ではここまで。

最後までありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です