【大人になっても首が座らない?】意外な疲労の原因。疲れやすいのはストレスよりも、身体が原因なのかも。

はじめまして、古茶(@kazu_5321)です。

首がぐらぐらしてなんか安定しない。
特別な作業をしているわけではないのに、なんか首が疲れている。

首の状態は肩こりや腰痛に大きく関係しています。
日々の生活によって首の状態は大きくて変わってきます。

子供の成長を表すのに、首が座る。首が安定する。
こういった表現をしていますよね。

首が座ると、寝返りができたり、座れたり、立って歩く事ができます。
皆さんは、首を意識的に動かしてますか?
あるいは、自分でコントロールしてますか?

首が疲れる原因は、首が座っていないことが原因かもしれません。
意外な疲れの原因になっている、、、なんてことも。

長く続いている肩こりなどは、首が原因なのは想像しやすいです。
さらには、腰痛、眼精疲労の原因になっていることもあるのです。

現代は、大人になっても首が安定しない人が増えてます。
なぜなら、圧倒的に姿勢が悪い人が増えているからです。

首が原因での疲れはなぜ起こるのでしょうか。
その原因と対処方法をお伝えしていきます。

スポンサードサーチ

要約

この記事の要約です。

  • 首が安定しないと顔を動かせない
  • 足の筋力の低下が首のぐらぐらにつながる
  • 頭の位置をととのえると体が勝手に整う

首が座ると出来ること

赤ちゃんの首が座るのは、だいたい三ヶ月程度。
首が座ることによって、抱っこするのがだいぶ楽になりますよね。

寝ている時に、自由に首を動かせるようになります。
気になるものに顔を向けることもできます。

首が安定していない状態では、体はとても不安定な状態です。
赤ちゃんは首を安定しようと、色々な動きをします。

『バタバタ』と体を動かしているのは理由があるんです。

この時の赤ちゃんは、脳に良い刺激を入れようとしています。
脳は色々な感覚を取り込もうと常に、活動しているのです。

でも、首が安定していないと、顔を向けることもできません。

スポンサードサーチ

首が安定すると顔を動かせる。

大人は気になったものに顔を動かせます。
びっくりしたら、すぐにその方向に対して、顔を動かすことができますよね。

しかし、首が座る前の赤ちゃんは、顔を十分に動かす事ができません。

少し体験してみてください。

顔を右、左に向けてみてください。
顔を向けた方向と、反対のお尻に体重が乗るのがわかると思います。
立っている人は反対側の足に体重が乗るでしょう。

顔を向けるためには、反対側の足やお尻に、体重をかけられる状態になっているかどうか、これが重要なんです。
足がしっかりしていないと、首も不安定になるということ。

 顔を左右に動かすという小さい動きでも、身体の体重を左右に動かすことが必要です。

首をよく寝違える人。慢性的な肩こりはこれが原因かもしれません。
よく寝違える方向と反対の足、体幹に問題があるかもしれません。

顔を動かすには、首が安定する必要がある

f:id:kazu532120:20180524133254j:plain

頭は1番上にありますよね。
この頭、結構重いんです。

体の10%程度が頭の重さ

体の10%ということは、60kgの人は常に6kg程度の重りが上に乗っているということ。

きちんとした位置に頭がないと、首に負担がかかるのが想像できます。
少しずれるだけでも首には多くの負担がかかってくるんです。

頭の位置は、身体のバランスを取ることにおいて、とても重要です。

首の姿勢はとても大事です。

頭は、体の上。

体は、骨盤の上。

骨盤は、足の上。

頭は積み重なったものの上に乗っかっているんですね。
ぐらぐらの、だるま落としはすぐに崩れてしまいます。
石を積み重ねる時も土台が肝心です。

スポンサードサーチ

首も守るインソール

インソールって何?

インソール=中敷です。

足底板とも表現されることがありますね。
これに関しては、大きく2つあると思います。

既製品の物 オーダーメイドの物

この2つですね。
既製品に関しては、今は100円均一にも売っています。
しかし、この既製品は体にあっていないものも多いため、慎重に導入することをお勧めします。

消臭を期待するならいいですけどね。
既製品での私のおすすめはこちら。

このインソール、スポーツショップなどでも売っています。
場所によっては、体験もできます。

このスーパーフィートは、ただ単にアーチをあげるだけの構造ではありません。
足の機能解剖に基づき作られています。

また、ヘタレにくく長く使えるのも特徴です。
中敷を買ったけど中でずれてしまった。すぐにヘタれてしまった。というのを防げます。

これを入れることで、足だけでなく肩の不調、首の不調、目の疲れも軽減するかもしれません。

理由は単純、全て足の上に乗っているからです。

首が座らない理由

ここで表現する首が座らないというのは、首をコントロールできていないということです。

人は、歳を重ねるにつれて、関節の動く範囲が狭くなってきます。
これは、関節が変形したり、身体の細胞が変化することで動きにくくなります。

特に、高齢者は体を大きく回すことができません。
そのため、歳を重ねると歩幅は狭くなるし、体は回らないし、腰が曲がるんです

若々しい人は、体を大きく捻ることができます。
ヨガでもねじりのポーズがありますよね。

この体を回すというのは、首の大事な機能の1つなんです。
これが働きづらい状態が、首が座らないという状態の1つ。

スポンサードサーチ

首を安定させるには

首を安定させるには、姿勢を整える必要があります。
でも、自分ではどの姿勢が良いのかわからないですよね。

そんな人は、少し遠くを見る意識をもって生活をしてください。
いつもより遠くを見る意識です。

遠くを見るときは、自然と姿勢が整います。
頭の位置も良い位置にセットされるのです。

 

予約・お問い合わせ

記事を見ていただきありがとうございました。
現在、袖ヶ浦の自宅・訪問にて施術を行なっております。

気になる点や施術予約はこちらからどうぞ!

友だち追加

施術内容、料金についてはこちらを参考にして下さい!

 袖ヶ浦整体 パルク〜pUrK〜 施術内容について

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぼろぼろの身体をなんとかするために理学療法士に!身体を整えることで人世が変わることを実感!地域活動に力をいれつつ、身体を整え人生を楽しく生きることをモットーに活動中。訪問・自宅での施術行ってます!