カフェイン摂取のみで体重減は望めない

f:id:kazu532120:20180825125004j:plain
コーヒーが健康に良いか悪いかの議論は、今のところ摂取しても健康につながるとの見方をしている方が多く見かけます。

アンチエイジング効果、リラックス効果、自律神経調整作用などなど。

その他にもコーヒーの効果として、ダイエット効果というのを聞いたことはないでしょうか。

カフェイン摂取による食事摂取量の低下や代謝の改善などにより効果があるとされていますね。

しかし、このダイエット効果。カフェイン摂取だけでは効果がないかもしれないということが調査で示されました。

その詳細について記載していきます。

カフェイン摂取によるダイエット効果

f:id:kazu532120:20180825125017j:plain
コーヒーにはカフェインが含まれており、それにより自律神経がととのえられるとされているそうです。

また、自立神経のうち交換神経の働きを強めるため、代謝の亢進が起こるとか、、、

現にコーヒーの摂取により、代謝はかなり改善されるようです。

今回の研究では、コーヒーに含有されているカフェインでの研究ですが、その摂取によりどれほど体重に影響を与えたかを調べたものです。

コーヒーによる食欲を抑える効果

f:id:kazu532120:20180825125036j:plain
コーヒー摂取によるダイエット効果の1つに、食欲の抑制があります。

これは、内因性カンナビノイドシステムというのが関わっているようです。

Cornelis氏は「コーヒーの摂取は内因性カンナビノイドシステムの活性を抑えるように働くため、いわゆる脳内マリファナによる食欲増進とは反対の働きを示す。コーヒー摂取による肥満予防効果には、このシステムの役割が大きい可能性もある」と指摘している。
出典元>>>m3

食欲の低下が起こるわけですから、食事の摂取量が減る。

その結果ダイエットにつながるというわけですね。

ダイエット効果は本当にあるのか

コーヒー摂取によるダイエット効果は本当にあるのか。

たしかに食欲の抑制により、食事の摂取量は低下するようです。

また、長期間の摂取により、優位に死亡率の低下が起こることも示唆されています。

コーヒーの摂取が死亡率を優位に減少?やはり健康には良いものだった。 – こちゃろぐ

研究では、食事の摂取量についてこのように報告されています。

少量のカフェインを飲んだ後、参加者は供給された朝食のバイキングで摂取量が10%少なかった、という米国ニューヨーク州立大学バッファロー校からの研究報告。
出典元>>>カフェインではダイエットはできそうにない!?:世界の最新健康・栄養ニュース

たしかに、摂取量は低下しているようです。

しかし、この研究には続きがあります。

なんと、摂取量の低下は、一時的なものであり、1日で調べると食事摂取量には差がなかったとのこと。

コーヒーの摂取による、食事量低下は一時的なものなんですね。

やはり、普段から食事量や内容は自身でコントロール必要がありそうです。

それでは、最後までありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です