【給食実施率と肥満の関係】環境が病気の発症を変えることを示唆

f:id:kazu532120:20180829124929j:plain
学生時代の楽しみである食事の時間。

私自身も、毎回食事の時間は楽しみにしていました。

中には、給食を実施していない学校もありますが、やはりみんなで食べる食事というのは楽しいもの。

今回は、食事内容を検討するにあたって、給食の実施率と肥満についての報告がありましたので報告していきます。

給食実施率と肥満との関係

f:id:kazu532120:20180829124942j:plain
学生の時には、体型が大きくかわる人も多いんじゃないでしょうか。

また、成長するからと過剰なカロリー摂取をしてしまうことも。

反対に、ダイエット目的に必要なエネルギーを摂取できていない人も問題になっています。

適正な量の食事、整った栄養バランスが成長を促していきます。

学生時代においても、食に対しての知識は必要不可欠なんです。

この栄養バランスにおいて良く考えられているのが、給食です。

この給食の実施率には、肥満と相関があるようで、このような結果が出ています。

 中学校の給食実施率が上がると、男子生徒の肥満が減るとの研究結果を、東京大学の研究グループが英国の学術誌に発表した。日本は海外に比べて思春期の肥満割合が少ないとされるが、グループは、栄養バランスに配慮した学校給食の効果とみている。
出典元:中学校の給食実施率が上がると→男子の肥満が減少…東大グループ調査〔読売新聞〕|医療ニュース|Medical Tribune

給食実施率が高いほど肥満率が低下したという結果です。

学生時代にバランスよく食事をすることが、どのように影響して行くかがわかる結果ですね。

特に、給食は基本的には昼食のみですから、一食だけ気をつけるだけでも大きく変わってきそうですね。

環境が病気の発症をコントロール

f:id:kazu532120:20180829125057j:plain
家族の中で1人だけ肥満というのは、結構少ないですよね。

正常体重の中に、大きく太った人は食事を大きく変えない限り、中々起こりづらいです。

そういった意味でも環境が自分を変えることを説明できるでしょう。

以前の記事では、夫婦での影響を紹介しました。

【夫婦は似てくる?】病気の発症リスクも共有してしまうかも!? – こちゃろぐ

夫婦で影響するのであれば、子供も環境によって大きく病気の発症リスクが変わることも示唆されますよね。

質の高い食事が脳サイズにも影響することも示しています。

食事も脳への良い刺激。食事と脳のサイズにも関係性が!? – こちゃろぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です