脳の発達は環境で変わる。周りの環境で変化する脳機能とは!

f:id:kazu532120:20181026135036j:plain

走り回って、怪我をして健康に育っていく。

子供の頃においては、遊ぶことが仕事。

遊ぶことこそが子供の仕事であり、元気に遊び育っていく様子は見ていて安心します。

しかし、最近はスマートフォンの普及な度により、遊ぶ子供が少なくなったように感じます。

実際、少子化もあり公園などで遊んでいる様子はかなり少なくなりました。

実は、子供のころにどのような遊びをしていたのかによって、脳の発達が変わるかもしれない。

こんな研究が出ているのを知っていますか?

今回は、環境と脳との関係性について話していこうと思います。

環境によって変化する脳の可塑性って?

脳にはその環境に適応するような機能が備わっています。

その環境や出来事に対処しようと、脳が変化していくことです。

脳は常に電気信号が行き交っており、その電気が行き交うのが神経回路です。

この神経回路は、発達においてとても重要なんです。

特に子どもの頃には、神経の発達が盛んに行われています。

さまざまな刺激に対応しようと、いたるところに神経を伸ばしていきます。

このいたるところに神経を伸ばした後には、使われるものと使われないもので分類分けされていきます。

使われないものは捨てて、使われているものはどんどん強化していきます。

この現象を脳の可塑性と言います。

脳の可塑性は、刺激が多い環境やなにかに取り組んでいるときに多く起こります。

これは、良い可塑性と悪い可塑性があるのですが、この脳の可塑性は環境によってかなり左右されるんです。

環境による発達の違い

f:id:kazu532120:20181026135205j:plain

この環境による脳の発達に関しては、こう言った実験があります。

例えば、思春期にあたる生後3週~6週間目のマウスやラットを遊具付のケージで集団飼育すると、空間記憶などの学習能が向上することが知られています
出典元:思春期に刺激の多い環境で過ごすと脳の左右差と協調リズムが出現 | 理化学研究所

これは、文武両道を説明する根拠にもなりそうですね。

さまざまな刺激下で成長することは脳にとってとてもよい環境であると言えます。

小さい頃から色々なことにチャレンジしていくのはとても有意義であると言うことですね。

小さい子にも安心の遊具

小さい子向けの遊具は沢山あります。

先程かいたように、多くの刺激があることは脳の発達においてとても重要です。

小さい子と関わったことのある方は、経験があるかもしれませんが、小さい子の想像力はすごいものです。

なんでもおもちゃにしてしまいます。

安全なものも、危険なものも区別がつかないこともあります。
刺激が重要とは言え、制限のある中で自由に遊んでもらうことは重要ですね。

何より、乳幼児の頃など小さい子供には安全安心なおもちゃが良いですよね。

そこでオススメなのが、こういったおもちゃです。



安心の国産、木のおもちゃです。

出産祝いや子供にあげるおもちゃの最初の一つには、見た目も可愛く良いですよね。

木でできたおもちゃは、質感も良く子供にとって嫌な感じがしないのも特徴です。

良い刺激は気持ちを穏やかにします。

子供の頃の良い刺激は大人になってからも、学秋を助けます。

お子様の発達、学習のための良い一つのツールです。

子どもの未来を考えた、とっておきの家具なら

それでは、最後までありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です