【これって病気?】胸がパキパキなるのはなぜ?解説&アドバイス!

f:id:kazu532120:20181112221749j:plain

作業中のあと、胸が『ぱきっ!』って鳴る。
もしくは、起きた後に『ぱきっ!』て鳴る人。
もっとひどい人なんかは、『ぱきぱきっ!』て鳴るような人も。

これって意外と多いんですよ。
特に作業が多い人や、姿勢が悪い人に多い傾向があります。

自分の体なのにわからないことがあると不安ですよね。
何より、このまま放っておいて大丈夫なのかな?
こういった不安になります。

胸がぱきっとなる原因!それは『姿勢と生活習慣』によるものが多いです。
今回は、その原因とアドバイスをしていきますので、よろしくお願いします。

胸がぱきっと鳴る理由

ふとした時に胸がぱきっと鳴る理由。
これを知りたいという人はおそらく以下の人でしょう。

・経験がある、なんか気になる
・パキッとなるし、なんか痛みがある

こういった悩みから、この記事をみていただいているのだと思います。
胸がパキッとなる理由についてはm関節の構造にあります。

パキッとなっているのは、胸骨の部分。肋骨と胸骨の関節です(胸肋関節)。
この関節は、可動性が高くよく動くことで知られています。
よく動くといっても、肋骨は関節がいっぱいあるのである程度ですが、、、、

この肋骨と胸骨の関節は人体のここにあります。
f:id:kazu532120:20181112124452j:plain

この関節は軟骨も含んでいて、動きがほかの関節に比べて多いのです。
動きが多いということは、それだけ負担も多くなるということ。

そのため、身体の歪みや姿勢の崩れなどがここの関節に負担をかけてしまうんです。

現代は胸が『パキッ』となる人が増える?

この胸がなる現象。
調べてみるとすぐに出てきます。

www.asahi.com

この記事を見てみると、どうやら痛み止めを処方されて治るまで待つしかない。
こう書いてありますね。

病院でみてもらったのであれば、これは普通の対応です。
なぜなら、ドクターは画像診断など検査から評価することが多いからです。

画像や血液データから問題が内容だと対応の仕方がありません。
そのため、薬での対応となるんですね。

この『パキッ』となる現象。
私は姿勢のくずれから起こっていると考えています。その理由について説明しましょう。

関節が鳴る理由は、関節のズレによって起こる。

そもそも関節の音はなぜなるんでしょうか。
この疑問については、このように説明しています。

関節液の微小な気泡が崩壊するときの音

関節の間が狭くなると、その間で気泡が発生します。
関節が狭くなった状態で一気に動かすことによって、滑液の圧力が低下し気泡が生じるとのこと。

この説が一番有力のようですね。
この説から、考えると姿勢の崩れが関節が鳴る理由の一つであることがわかります。

姿勢の崩れ=どこかの関節に負担がかかること

こうなるからですね。
このどこかの負担というのが、胸の関節というわけです。

今後は増加するかも?

この胸が『パキッ』となる現象。
今後は増加するかもしれません。

これは、パソコンなどの事務系作業が増えているからです。
今後増加していくであろう、フリーランスの方も姿勢が原因で増加するかもしれません。

その原因は、胸の関節への負担によります。
胸の関節に過度に負担がかかる=関節が狭くなりやすくなるというわけです。

胸の関節が狭くなるとぱきぱきなる人が増えるというわけです。

この現象は、いわゆる『猫背』の人で多くなります。
なぜかというと、この図を参照してください。

パソコン作業や猫背の姿勢は、こんな風になってますね。
f:id:kazu532120:20181112220031p:plain
f:id:kazu532120:20181112220035j:plain

これは肩が巻いている状態です。
猫背の時の巻き肩は、胸の関節に大きく負担がかかるんです。

f:id:kazu532120:20181112220326j:plain

こういった状態だと、どんどん胸の関節に負担がかかるため、『パキッ』となる原因になります。

パキッとなる胸はどうすれば?

原因がわかればそれに対応していけば良いのです。
猫背の改善には、まずは横向きになって身体を真っ直ぐにすることをお勧めします。

座っている姿勢や立っている姿勢は重力に負けて、猫背になりやすいです。
仰向けで寝ることによって、重力により猫背を緩和することができます。

ソファに座ると腰が痛いのはなんで?立っている方が楽なのには理由があった – こちゃろぐ

そして、作業中に姿勢を意識して作業をすることで、胸がパキッとなるのを予防できます。
この姿勢はパソコンの位置を調整したり、椅子を調整することで姿勢がかなり変わります。

この姿勢の改善。
ストレッチポールなどを使用すれば、自分でもメンテナンスができます。

ストレッチポールの使用はこちらを参考にしてください。


【LPN公式】ストレッチポール®エクササイズ「ベーシックセブン」StretchPole® Exercise “The Basic Seven”

最後に

胸がパキッとなる原因は今回書いたもの意外にも、重大な病気があるかもしれません。
動かさなくても痛い場合や、慢性的に痛い場合。

こういった場合には、病院の受診をまずはしてください。
異常がなくて、緊急性も低い場合は上記の方法で緩和できる可能性があります。

姿勢の崩れや動きの悪さは、理学療法士の得意分野です。
お医者さんでも得意にしている人はいますが、基本的には画像検査からの治療がほとんどです。
そのため姿勢の崩れがあっても、的確なアドバイスができない場合があります。

今回のポイントは以下の通りです。

  • 猫背によって胸の関節に負担がかかる
  • 姿勢によって緩和される可能性が
  • 仰向けになって姿勢をリセット!

猫背の人は姿勢の悪さとともに、呼吸が浅い場合があります。
仰向けでの身体のリセットはとてもお勧めです。

わからない方は、問い合わせやライン@より質問をください。

それでは最後までありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です