【データから見る】子供の運動能力は低下せず、むしろ上がっている話。

子供の運動能力は年々低下してきている。
子供の運動能力が危ない。

こんな話は、どこかで聞いたことはあるのではないでしょうか。

周りを見渡すと、子供たちが遊んでいる。
そんな風景は、昔の話。

いまでは、ほとんどの子供が室内で遊んでいる。
外に出ても、ゲームをしてばかり。

だからこそ、運動能力がどんどん低下してきている。
こういった話は、今の状態を見ると正しく思えますよね。

しかし、実際は子供の運動能力は、少しずつ上昇してきているのです。

青少年では,昭和60年頃から続いていた体力低下は平成10年頃に歯止めが掛かり,以後の体力は総合的には向上しているが,昭和60年頃の最高(ピーク)値に回復したテスト項目は少ない

出典元:スポーツ庁

このように、ピーク値ではないものの、子供の運動能力は上がってきているのです。
そこで、今回は子供の運動能力をあげるための、ポイントをお伝えしていきます。

運動、休養、栄養の三つのポイントから話していきますので、参考にしてください。

動画でも話していますので、参考にしてください。

スポンサードサーチ

バランスが大事

子供の発達にはバランスがとても重要です。
どれか一つが優れていても、ほかのものが優れていなければ、運動能力はうまく成長していきません。

それは、運動・栄養・休養のバランスを整えることによって、子供の成長を助けることができます。

親の役割は、子供の成長を助けてあげることであり、環境を整えることが最高の子育てだと思います。
子育てに関して、悩む親はとても多いと思います。

しかし、自分の子供といえど完璧に育てることは、難しいです。
つよく言い聞かせるほど、反発することもあります。

だからこそ、環境を整えることが大事なのです。
子供がしたいことができる環境を整えること、選択肢を増やすことで可能性をつぶさないことが大事だと思います。

運動能力も、きちんと環境を整えることによって、子供の可能性を延ばすことができるでしょう。

運動で大事なこと

子供のころの運動で大事なことは、たくさん経験することです。
いろいろな動きや体験をすることが、とても大事です。

子供の脳は発達段階で、いろいろなことを吸収します。
多くのことを経験することによって、どんどん学習していくのです。

いろいろな体験をすることによって、脳を刺激し、環境に適応しようと脳が反応していきます。

成長してスポーツを始めるときにも、昔に経験していたことが役立つこともあります。
多くの経験をすることで、身体が反応してくれるようになるのです。

だからこそ、子供のころは一つのことにこだわらず、いろいろなことに挑戦できるような環境づくりが大事になってきます。

関連記事>>>
運動で疲労回復も!運動の重要性は脳科学の観点からも明らかに。運動は万能薬にもなる。

スポンサードサーチ

休養で大事なこと

休養は、身体を作るうえでとても大事なことです。
この後の睡眠にも言えることですが、脳科学的にも休養は運動能力の向上に役立つのです。

いわゆる、脳のアイドリング状態というのが、休養時に働きます。
見たこと、聞いたこと、体験したことなど、運動によって得た感覚を脳の中で整理していきます。

休養の時には、脳の活動は活発になっているのです。
身体を休めるためにも重要な休養、脳にとっても休養を取ることはとても大事です。

適度な休養が、身体と脳の成長を助けてくれます。
こういった適切な休養が、新しくスキルを覚えたり、ひらめきにも関わってくる大事な能力になります。

休養を怠ると、脳はパンク状態になり新しいことを吸収できなくなります。
適度な休養で、学習しやすい状態に持っていくことが、運動能力を高めるヒントになります。

睡眠で大事なこと

最後に睡眠です。
睡眠は、身体の成長には欠かせません。

そして、記憶の整理にも必要不可欠です。
最近では、睡眠によって脳の老廃物を排泄していることも、わかってきています。

睡眠をきちんととることによって、脳をキレイな状態に保ってくれているのです。
そして、睡眠は特に成長ホルモンが分泌される時間です。

睡眠直後が最も分泌されやすいとされており、適切な睡眠をとることによって、身体を成長させてくれるのです。

運動をした後に、適切な睡眠がとれなければ、疲労を持ち越してしまいます。
疲労が残っていれば、十分に体を動かすことができません。

だからこそ、成長期の子供には睡眠が大事なのです。
激しい運動をするような、成長期の子供こそ長時間の睡眠が必要なことも示唆されています。

身体の疲労を回復し、パフォーマンスアップのためには、睡眠は欠かせないのです。

関連記事>>>
疲労で限界!もうどうしようもない疲れ。睡眠だけじゃない疲労がたまる原因。

スポンサードサーチ

まとめ

運動能力を高めるためには、環境はとても大事です。
親の役割は、いろいろな体験ができるような環境を提供することです。

そして、子供の可能性を広げてあげることがとても大事です。
運動・栄養・休養のバランスを整えることで、子供の成長を大きく助けることができます。

子供のころの習慣は、大人になっても残るものです。
小さいころから、そういったバランスを整えるようにしていれば、大人になっても健康的な生活ができることでしょう。

子供の成長を助けるような環境を作ることで、子育てしているほうも健康的な生活になることもできます。
ぜひ、参考にしてみてください。

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぼろぼろの身体をなんとかするために理学療法士に!身体を整えることで人生が変わることを実感!地域活動に力をいれつつ、身体を整え人生を楽しく生きることをモットーに活動中。訪問・自宅での施術行ってます!