ビカクシダの胞子培養始めました。

整体サロンパルクのこちゃです。
最近は、メダカもシーズンオフになったことで、植物にどっぷりはまってます。

部屋の中には、育成ライト。
リクガメケージでは、温室栽培。

そして、ずーーーーーっとやってみたかった胞子培養に手を出してみました。
実は1年前くらいに胞子を買ってやったことはありますが、大失敗の結果に、、、

ということで、今回こそは成功させたい胞子培養。
きちんと下調べして、胞子培養をしていきます。

といってもほとんどこちらのブログを参考にさせていただきました。

トナカイツノのビカクシダブログさん

胞子培養について、余すところなく書いてありますので、興味ある方は参考にしてみてください。

スポンサードサーチ

用意するもの

  • ジフィーセブン
  • 入れ物
  • 胞子

手袋や消毒液などは、サロンで使用しているものを使いました。
アルコールのぷしゅってやるやつです。

入れ物に関しては、今回とても良いものを発見しました。
入れ物の条件としては、密閉、光、ある程度の大きさ。

ということで、こちらをチョイス。
胞子培養が終わっても何かしらに使えそう!

ということで、アマゾンさんでポチっとしました。

こちらをリクガメのタイマーと一緒にセットすると、11時間の照射になります。

胞子まき開始

R4年11月1日

胞子をまきました。

  • レモイネイ
  • ウィリンキー
  • キッチャクード

これをこんな感じにセットしています。

下はリクガメケージがあり、育苗マットみたいに温かくなるようになっています。

こんな感じでまいています。

スポンサードサーチ

R4年11月15日

胞子をまいてから、2週間
毎日でないなー、でないなーなんて見ていたら、出ました!

レモイネイ以外の胞子が発芽

こんな感じで出てきています。

うっすら発芽しています。
今書いているのがR4年11月26日ですが、もう少し出てきているので、また記事にしようと思います。

来シーズンには自分のお気に入りの株を選別したいと思っています。
それまで、お世話頑張ります!

植物の記事はこちら

ドゥラティ成長記録

YouTubeの動画も更新しました。
ビカクシダ胞子培養に挑戦~1か月経過【趣味のYouTube】

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ぼろぼろの身体をなんとかするために理学療法士に!身体を整えることで人生が変わることを実感!地域活動に力をいれつつ、身体を整え人生を楽しく生きることをモットーに活動中。訪問・自宅での施術行ってます!