疲れすぎて寝れない!質の良い睡眠に大事なたった3つのこと。

仕事で疲れてるんだけど、なかなか寝れない。
眠気はあるけど、なかなか眠れない。

身体が疲れすぎてしまうと、反対に寝付けなくなる。
こんな症状を持っている方は、少なからずいます。

特に注意が必要なのは、睡眠障害が長く続くこと。
長く続くことにより、睡眠不足を感じることが出来ずいつのまにか、ストレスを蓄積するようになってしまいます。

だからこそ、睡眠は早めに管理していく方が良いのです。
今回は、睡眠の質を高める為の3つの方法をお伝えしていきます。

大事なものはこの3つ。

  • ストレス管理
  • 運動習慣
  • 腹八分での食事

この3つを意識することで、睡眠の質を上げることができます。
それでは、1つずつ説明していきます。

スポンサードサーチ

ストレス管理

ストレス管理能力は、現代社会においてはとても重要な能力です。
ストレスが蓄積することにより、睡眠の質は低くなることが多いです。

眠っても疲れがとれない、寝た感じがしないなんてことも、、、

ストレスコントロールは、瞑想がおすすめ。
情報が多い現代では、脳がつねに情報に目を向けているものです。

そのため、脳は常に働いてしまいます。
常に働いている状態は、脳にはかなりの負担なのです。

そのため、脳を少しの時間でも情報をシャットアウトする必要があります。
それに適しているのが、瞑想です。

瞑想って怪しい?

瞑想って聞くと、オカルトとか宗教とか。
こんな風に感じる人がいるかも知れません。

しかし、瞑想はとても科学的な行為なのです。

脳が疲れてしまう状態。
それは、刺激が多く1つの物事に集中できない環境です。

常に情報が多いと、色々なものに注意を向けていないといけません。
それを、瞑想により、1つの行動に目を向けるのです。

その結果、脳が休まるだけでなく、集中力も増します。
当然睡眠の質も高くなるのです。

運動習慣

睡眠と運動はとても大きく関連しています。
運動は、生きている動物において必須の行動です。

しかし、現代は圧倒的に運動不足の状態なんです。
実際に、運動不足は世界的にも問題になっているのです。

関連記事>>>
運動不足と腰痛の関係性。長く続く腰痛が運動で改善するわけ。

(運動不足の課題について書いています。)

運動の効果は、血流の改善にあります。
血流の改善が起こることによって、身体の代謝がうまくいくのです。

代謝は、身体の温度を高め、老廃物の蓄積を抑えてくれます。
体を動かすことで、ストレスへの耐性もつき寝つきも良くしてくれます。

また、気分的にも身体的にも気分の転換につながります。

スポンサードサーチ

腹八分の食事

最後は、食事の管理です。
飽食時代と言われている現代。

お腹いっぱい食べすぎてしまう人が多いのです。
しかも、ほとんどが糖質の取りすぎ。

そうなると、余分なエネルギーを体に蓄積してしまうことになります。
食べ放題などにいくと、体に負担がかかっていることは誰でも感じていることだと思います。

きちんとした栄養バランスで食事をとることができれば、多くの食料は必要ありません。
お肉をたくさん食べたり、脂肪を多く食べれないように、糖質以外の食べ物は取りすぎたりするのは難しいのです。

関連記事>>>
食べ過ぎで起こる体への影響。食べ過ぎなのに栄養不足?
(現代に起こりやすい、症状について書いてます。)

食べ過ぎを防止することにより、体への負担を少なくし睡眠の質を高めることが出来ます。

ちなみに適正体重を維持することは、寿命を延ばすことにもつながります。
体重を管理できることは、体を守る大事なスキルであると言えます。

まとめ

疲れすぎて寝れない人に試してほしい、3つのこと。
身体のこえをよく聞いて、バランスよく生活することにより、睡眠の質を高めることができます。

身体のストレスや脳の整理をしてくれる睡眠。
きちんと睡眠をとることで、パフォーマンスの向上にも繋がるのです。

仕事を満足にやりたい。
趣味などにも力を入れていきたい。
新しいことにチャレンジしたい。

こんな人は、睡眠の質を変えてみると、パフォーマンスは大きく変わることでしょう。

ぜひ、試してみてください。
最後までありがとうございました。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぼろぼろの身体をなんとかするために理学療法士に!身体を整えることで人世が変わることを実感!地域活動に力をいれつつ、身体を整え人生を楽しく生きることをモットーに活動中。訪問・自宅での施術行ってます!