腸内細菌の以外な関連性が明らかに。健康は腸から整える!

f:id:kazu532120:20180618191453j:plain
最近注目が集まっている腸内細菌。

腸内のセロトニンと脳との関連などもわだいに上がりますよね

腸内環境と幸福度を、セロトニンから説明しているような記事も結構見かけますね。

今回は、その腸内細菌と意外な関連性を紹介します。

腸内細菌との関連

腸内細菌がなにかというのは、ネットに多く出てるのでそちらに譲ります。

参考までにこちらをどうぞ。

腸内細菌と健康 | e-ヘルスネット 情報提供

腸内細菌についてはこのように表しています。

腸内には細菌がおよそ100種類、100兆個も生息していることが知られています。体の健康には、この腸内細菌に占めるビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が占める割合を増やすことが重要です。善玉菌を増やすオリゴ糖や食物繊維を十分に摂って、同居人である腸内細菌と協同して健康を作ることが大切です。

幸福度との関連と他に、免疫にも関わると言われており、腸内の環境が免疫にも関わるので、とても重要と言われているわけです。

ヘルペスなんかも、腸内の環境との関連を昔から言われていますよね。

体の中にに常在菌としているヘルペス、体調が悪くなると体外に出ようとして口腔ヘルペスになることが知られています。

そのため口元の病変は、お腹の環境を表しているとも言われているんです。

腸内細菌を育てる。

f:id:kazu532120:20180618191553j:plain
前回記事にした、水分も大事ですがやはり食事の内容が大事です。

腸内細菌も生きているわけなので、栄養分を必要としています。

主に、善玉菌と悪玉菌と中間の菌(日和見菌)がいるわけですが、この割合は腸内の環境で変わるようです。

特に日和見菌に関しては、腸内の環境により、良くも悪くもなるのでそのバランスが重要視されています。

そのため、善玉菌を増やすことが重要なんですが、この善玉菌は主に炭水化物をエネルギー源としています。

そのうち糖質は、体内でエネルギーとして使われるため、食物繊維の摂取が重要になっています。

食事の順番でも重要ですが、やはり積極的に食物繊維を取ることは腸内の環境を整えるのに、とても重要な役割をしているようです。

関連記事>ケトン体って悪いやつ?糖質制限をする前にその効果について知っておこう! – こちゃろぐ

腸内細菌と動脈硬化との関連性

medical-tribune.co.jp
出典元;メディカルトリビューン

ここでは、腸内細菌と動脈硬化についての関連について研究をしています。

腸内細菌のバランスが食事によって関わるのであれば、動脈硬化との関連性も納得できると思います。

内容はこのようになっています。

平田氏によると、腸内細菌が動脈硬化を進展させる機序として①腸内細菌に腸管バリア機能が障害されリポポリサッカライド(LPS)などの菌体成分が血中に入り炎症を起こす②短鎖脂肪酸など腸内細菌の代謝産物が宿主に影響を与える③腸内細菌が制御性T細胞や樹状細胞などの免疫細胞に修飾を加え宿主側の炎症を調節する―などが考えられている。③に関しては、わが国の研究グループによりClostridumが制御性T細胞を誘導することが報告されている(Science 2011; 331: 337-341)
出典元:メディカルトリビューン

上記のように、腸内細菌と動脈硬化の関連性について説明しており、続く動物実験では腸内細菌の利用によって、動脈効果の抑制ができたと報告しています。

バランスを考える。

f:id:kazu532120:20180615201714j:plain
最近では断食による腸壁への影響も報告されています。

腸管を休ませてますか?【最新研究で知る腸管機能再生の鍵】 – こちゃろぐ

腸内のバランスを整え、たまに休息を取らせてあげることが、よりよい健康につながっていきそうですね。

少食を心がけ、贅沢する前後はその食事を調節するようにするといいと思います。

食事は大事な楽しみな一つなので、人生の質をあげながら健康を目指して生きましょう!

最後までありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です