DHA,EPAが身体を整える?スポーツにも普段使いにも得られるメリット。

DHAやEPAって流行ってるけど、何に効くかわからない。
なんとなく摂ろうとしてるけど、効果はよくしらない。

サプリメントをとっている人の中には、周りがとっているから摂っているなんて人も多いのではないでしょうか。
サプリメントは、自分の体の状態を確認しながら調整するのが1番です。

体調に合わせて摂るようにできれば、体調管理もバッチリでしょう。

今回は、DHA,EPAをとることの効果とメリットを説明していこうと思います。

<お知らせ>
動画でも同様の内容を紹介しています。
登録をすることで、最新の情報を逃すことなくチェックすることができます。

 

身体を整えるサプリメント

健康づくりには、いろいろなサプリメントを使っている人がいると思います。
サプリメントは効果的に使用することにより、健康づくりをサポートしてくれます。

しかし、間違っても「動かずに痩せる」「勝手に筋肉がつく」などの効果は期待しないほうが良いでしょう。

自分の健康をサポートしてくれるような意味で使用するのがベストです。

今回は、DHAとEAAについてです。
これらは、新血管リスクの低下にも役立つサプリメントです。

研究では様々なメリットも示されています。
血管の動脈硬化を防ぎ、細胞壁を柔軟にしてくれる働きがあります。

さらに、抗炎症作用や抗酸化作用により、体の健康維持をサポートしてくれます。

油が大事な理由

なにかと悪者にされやすい油。
体の中では、とても重要な役割を持っています。

体は脂肪がないと、形を保ってられません。
そのため油を体に補給しておく必要があるのです。

他にも、ホルモンの材料になったり、臓器の保護をしてくれたりします。
急に痩せてしまうと、体調が悪くなったりすることもあります。

体に適度な量の油を摂取しておくことで、体の機能を最適化してくれるのです。
ちなみに、油と脂の違いは液体か固体かの違いだそうです。

関連記事(外部リンク)油と脂の違い。
https://select.mamastar.jp/205771

 

トレーニングにも役立つ理由

トレーニングをしている人は、体に負担が掛かっている状態です。
体の負担はきちんとケアしていないと、体は壊れてしまいます。

健康づくりのために、トレーニングをしているはずが体を壊す原因にもなりかねないということ。

だからこそ、体づくりにはトレーニングと同じくらい、栄養が大事になります。
油は体の保護にも役立つ血管機能の維持にも役立ちます。

脂肪の取りすぎや、動物性の油の取りすぎなどは、動脈硬化を引き起こします。
魚の油やナッツに含まれている、オメガ3などは細胞膜を柔軟にし、動脈硬化を防いでくれるのです。

筋肉にきちんと血流がいくことで、疲労物質の代謝や筋力の発揮がしやすくなります。
トレーニングをしている人、体づくりをしている人にとって良質な油を取ることはとても重要だということです。

 

抗炎症作用と健康

良質な油とされるオメガ3(DHAやEPA)は、抗炎症作用があります。
炎症は老化の三代因子と言われ、体の老化を引き起こします。

体の機能を低下させ、怪我や病気の原因にもなるのです。
長期的な炎症は、認知症などの病気とも関連するとも言われています。

そして、スポーツなどトレーニングをすることは、体に負担を与えることです。
筋肉が成長するには、筋肉の損傷が起こる必要があります。

必ずと言っていいほど、炎症が起こります。
さらに、マラソンなど長時間の運動などは、炎症が長引いたり呼吸も激しくなるため、体には大きな負担がかかります。

その炎症をDHAやEPAが抑えてくれるのです。
トレーニングやスポーツなどにより掛かる負担を軽減してくれるのです。

より長く健康的にスポーツを続けるには、良いサプリと言えるでしょう。
ぜひ、参考にしてください。

 

オンラインでサポート

当店では、オンラインでサポートを行なっています。
姿勢指導から自宅でのトレーニング、栄養指導など。

健康づくりをするあなたを、オンラインでサポートしています。
詳しくはラインにて、ご連絡ください。

詳細を送らせていただきます。
当店ライン@までおねがいします。

 

こちゃこちゃ

こちゃ

ぼろぼろの身体をなんとかするために理学療法士に!身体を整えることで人生が変わることを実感!地域活動に力をいれつつ、身体を整え人生を楽しく生きることをモットーに活動中。訪問・自宅での施術行ってます!

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP