【いつの間にか太ってた】年齢で変わる体形の理由と対策方法。

20代の時は、どんなに食べても変わらなかったのに。
いつのまにか、体形が変わってしまっている。

割れていた腹筋も、何もしなくてもうっすら筋が出ていた腕も。
いまではムチムチになってしまっている。

いまの状態に焦ってるけど、何をしたらよいのかわからない。
そんな人のために、年齢を重ねても維持できる方法をお伝えしていきます。

痩せるためには、食事バランスも意識して、運動もして、姿勢も改善して。
結構大変だと思っていませんか?

実は、体形を維持するのはとてもシンプルなのです。
意識するのは、年齢で変わる消費カロリーです。

運動は生活リズムが整ってからで良いでしょう。
ではなぜ、消費カロリーを意識したほうが良いのかをお伝えしていきます。

体形が変わる理由はシンプル

体形が変わる理由はシンプルです。
消費カロリーが減るからです。

年齢を重ねるうちに、人は代謝が下がっていきます。
代謝とは、エネルギーを消費したり作ったりすることです。

これは、若い時ほど活発で、年を取ると落ち着いてきます。
そのため、若い時ほど多くのエネルギーを必要とします。

身体を大きくしたり、身体を維持するためにエネルギーを必要とするからです。

もちろん、年をとっても身体を維持する機能が働いています。
しかし、身体は大きくならないので、若い時ほどエネルギーを必要としません。

また、エネルギーを大きく消費する脳も20代程度をピークに小さくなっていきます。
だからこそ、年をとると消費エネルギーが少なくなっていくのです。

少なくなった消費エネルギーをコントロールする。

年齢を重ねていくと変化していくのは、消費エネルギーだけではありません。
筋肉量も徐々に低下していきます。

身体を動かすのには、筋肉が必要です。
筋肉が多ければ、エネルギーを多く消費します。

年齢を重ねて、減った筋肉の分だけエネルギーの消費が少なくなります。
余った分は、脂肪として蓄えられるわけですね。

そのため、若いころは食べても太らなかったのに、年をとると急に太るようになるんですね。

少なくなった消費エネルギーをコントロールするには、この3つが大事です。

  • 筋肉量を維持する
  • こまめに動く
  • 作業環境を変える

消費エネルギーを維持するには、筋肉量を維持することが大事です。
そして、その筋肉を動かす場面があれば、文句なしです。

特に、一日のうち大半の時間を費やす仕事などの作業環境が大事です。
こまめに体を動かす、一時間に数回は立つようにする。

このようなことを意識するだけで、体形の変化をカバーできるでしょう。

もう太ってしまっているなら

でも、すでに体形が変わってしまっている、、、
こんな人は、消費エネルギーも減って、筋肉量も減ってきているのかもしれません。

だからこそ、エネルギーの見直しをする必要があります。

管理すべきは、糖質の量です。
エネルギーのとりすぎは、主に糖質の量が多いことがほとんどです。

また、糖質の量が変わらなくても、お菓子や小麦粉などの加工食品は、加工していない穀物に比べ多く吸収してしまいます。
量が変わらないのに太った、なんて人は食事の内容を変えていくと良いでしょう。

このことについては、動画でも話しているので参考にしてください。

 

体形を今すぐ変えたい人は。

消費エネルギーが減るのはわかったけど、自分ではどうしようもない!
って人は、ぜひ一度ご相談ください。

袖ケ浦で整体とパーソナルトレーニングをしているので、身体を整えて強化していくのは任せてください。
遠方の方には、ラインかテレビ通話などで対応します。

一度ご相談いただければ、あなたに合わせてアドバイスさせていただきます。

https://lin.ee/AZ1VTqx

友だち追加
関連記事>>>
【絶対成功させたい人へ】ダイエットを成功に導く計画の立て方。

こちゃこちゃ

こちゃ

ぼろぼろの身体をなんとかするために理学療法士に!身体を整えることで人生が変わることを実感!地域活動に力をいれつつ、身体を整え人生を楽しく生きることをモットーに活動中。訪問・自宅での施術行ってます!

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP