【膝の痛みって治るの?】整体では何を目指すのか、整体師が語ります。

最近になって膝がすごく痛くなってきた。
だましだましやってきたけど、膝の痛みが我慢できなくなってきた。

どこか行きたいところがあるけど、膝の痛みで我慢しなくてはいけない。
痛みに悩む時間は少しでも減らしていきたいですよね、、、

膝の痛みには多くの場合理由があります。

病院に通って水を毎週のように抜いている方、湿布を貼らなくてはいけない方。痛くて旅行を我慢していた方。

そんな人の解決ができる記事を書いていきます。

膝の痛みを自分で対応できるようになれば、痛みに悩ませる時間が少なくなります。
そんな状態を目指していきましょう。

スポンサードサーチ

膝の痛みの原因

膝の痛みは、変形によっては起こりません。
骨が歪んでいるから痛みが出る。これはほとんど関係ありません。

なぜなら多くの研究でそれが支持されているからです。
腰痛がある方でも、骨の変形があるなし関わらず、痛みの質に差がないからです。

そのため骨の変形によって痛みが出ていると言うのは、もしかしたらそれ以外に原因があるのかもしれません。
もし、、、痛みが変化するようなことがあれば、その痛みは骨のせいでは無いかもしれません。

本当の理由

当店では、膝の痛みの原因に何があるのか、お客様の生活習慣や体質を見て確認していきます。

それによって高い確率で、膝の痛みに変化を感じていただけています。
もちろん1度で変化が出る方や、なかなか症状に変化がない方もいらっしゃいます。

変化が出る人も出ない人も、定期的に変化を確認し、体の状態についてチェックさせていただいています。

何度か行っているうちに、自分でも痛みをコントロールできるようになり、卒業される方もいらっしゃいます。
そういった方は月に1度メンテナンスや相談を行っているだけで症状をコントロールできています。

スポンサードサーチ

膝の痛みに対処していくには

膝の痛みがなぜ起こっているのか、それを確認するためには姿勢を見る必要があります。
姿勢によって関節にどういう負担がかかっているのか、それを見ていくためです。

姿勢を意識するだけでも、あなたの膝の痛みは変化するかもしれません。
それを確認します。

現代人の多くは猫背や、巻き方になっています。
それはデスクワークやスマホの普及、運動量が減っていることによっておきます。

これによって起こるのは重心の変化です。
重心が前側に変化していくことが多いです。

そうなると膝は、体を維持しようと無理していくのです。
これが膝に負担がかかっている原因です。

重心の変化に対応しようとして、膝が伸び過ぎたり、常に曲がっている状態になります。

膝の負担を減らす

膝の負担を減らすには、身体の状態を確認することが大事になります。
特に、重心を意識するのはとても大事です。

身体の位置を確認し、正しい位置に持っていくことが必要です。

重心は、ほとんどの方が前側に移動しています。
そのため、その重心を踵の方にもっていく必要があります。

 

スポンサードサーチ

重心の整え方

簡単な方法をお伝えしていきます。
これは、どこでも取り入れられるので、気が付いた時にやってもいいです。

やり方はこちら!

  1. 前を向く
  2. 足の指をあげる
  3. 重心が下がった状態をキープ

これだけです。
重心のチェックをしながら、姿勢を整えることができます。

体に変化に気づけると、痛みも変化していきます。

姿勢も整い、体も変化していくのでとてもおすすめ!

最終的には

痛みというのは、さまざまな原因があります。
外側の問題、内側の問題、環境の問題など。

性格によっても痛みの出やすさも異なってくるのです。
脳が痛みの原因!なんていう人もいるくらいです。

食事を変えていくだけでも、痛みが変化した人もいるくらいです。
体を変えていきたいという人は、内も外も整えていく必要があります。

記事を見て変化を感じてくれたら幸いです。
最後までありがとうございました。

 

スポンサードサーチ

参考書籍

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぼろぼろの身体をなんとかするために理学療法士に!身体を整えることで人世が変わることを実感!地域活動に力をいれつつ、身体を整え人生を楽しく生きることをモットーに活動中。訪問・自宅での施術行ってます!