疲れて無気力、、、その原因は姿勢にあった?パルク〜pUrK〜で姿勢チェックで疲労に対処!

毎日特別なことをしているわけでもないのにヘトヘト。
家に帰ったら何もする気が起きずに、無気力状態。

やりたいこともあるのに、チャレンジできないから楽しみも減ってきている。

疲れがたまっている状態というのは、何もする気が起きない状態です。
これは、さまざまなストレスに対処できていない状態です。

でも、この原因はなんでしょうか 。
疲れがたまって無気力な状態。

これは、姿勢が1つの原因になっていると思っています。
姿勢が悪いと、何をするときにでも必要以上に力を使っています。

そのため、ふつうに作業している以上に疲れていきます。
この疲れがたまっていると、新しいことにチャレンジしようとしなくなるので、無気力になっていくのです。

そして、姿勢は性格にも関わってきます。

うつむきがちな人は、後ろ向きに。
胸を張っている人は、前向きに。

前向きな性格は、新しいチャレンジを生みます。
気力に溢れ、魅力的にも見えることでしょう。

疲れを取るために姿勢を見直し、疲労に対処していきましょう!

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぼろぼろの身体をなんとかするために理学療法士に!身体を整えることで人世が変わることを実感!地域活動に力をいれつつ、身体を整え人生を楽しく生きることをモットーに活動中。訪問・自宅での施術行ってます!