筋肉の痛みは果物と野菜の摂取で変わる。生活と痛みとの関係性。

何をしてても、体が痛い。
つらくなってくるとめまいも重なる、、、

運動はしたくないし、きついこともやりたくない。
でも痛みはなくしたい。

痛みは無条件に、自分にとって嫌な感情を引き起こします。
長く続く痛みは、悲観的な状態になるなど、気分が落ち込んだりします。

でも、その痛みは、もしかしたら自分自身で作っているのかもしれません。
運動はきついもの、痛みは自分ではコントロールできない。

そう思っている段階で、痛みを肯定してしまっているのです。
まずは、その思考を変えることが大事なのです。

痛みを自分でコントロールできることを体感できれば、あなたのつらさもかなり変化していきます。

成功体験は自分の自信になり、新たにチャレンジするきっかけにもなります。
そこで今回は、生活習慣と痛みとの関係性を説明していきます。

運動習慣や野菜などを取るような、バランスの良い食生活が身体にどのような影響を及ぼすのでしょうか。
この記事を理解することで、身体や痛みについての理解が深まり、身体を変えていくきっかけになると思います。

 

スポンサードサーチ

痛みの理解

痛みは身体の反応です。
悪い状態、危険な状態にあると痛みを感じるようになります。

痛みは悪者ではなく、身体が信号を出している状態なのです。
それを、なくしてしまうのが鎮痛薬などの薬です。

一時的に使用するのは問題ありませんが、長期的な服用では問題が発生します。
痛みが出る状態をごまかしているわけですから、身体に異常が出てくるわけです。

痛みだけでなく、しびれや歪み、動きづらさにもつながる可能性があります。
痛みを正しく理解することで、身体のサインに気づくことができるのです。

身体が感じるサイン

痛みは身体が発しているサインです。
しかし、痛みはさまざまな問題によって引き起こされます。

痛みの原因は、大きく分けて3種類といわれています。

  • 侵害受容性
  • 神経因性
  • 心理社会的要因

こういった要因により、痛みが発生しています。
これらは単一で発生する場合もありますが、さまざまな要因が重なり発生している場合もあります。

そのため、痛みの理解はとても難しいとされています。
身体のサインを見逃さないためにも、自分自身と向き合う時間はとても大事なのです。

身体の異常なサインを取り除くには、人間らしい活動を続けることが必要です。
適度な運動、バランスの良い食事、休養をきちんととることで、痛みはかなりの割合で軽減していくことでしょう。

スポンサードサーチ

生活と痛み

生活習慣と痛みは、大きく関連しています。
悪い生活をしていれば、痛みは発生しやすく。
良い生活をしていれば、痛みは発生しづらいということです。

良い生活とは、単に贅沢な生活ではなく、当たり前のことを続けるだけでよいのです。

健康な状態を保つための項目は、決して多くありせん。
睡眠、休養、栄養、運動、食生活を意識して行動すればよいのです。

基本的なことですが、これを意識するだけでも痛みというのは、かなり軽減が狙えます。
そして、整体に来る方の多くは、どれかがゆがんでしまっています。

まずは、自分の生活習慣のうちで、何が乱れているのかをしることも、健康に近づく第一歩と言えるでしょう。
自分の生活は自分でコントロールするしかありません。

健康知識は一生の宝になります。
具合が悪くなる原因がわかれば、その反対をすればよいだけなのです。

研究からみる共通点

生活習慣と痛みの関連について調べた研究があるので、紹介していきます。
痛みの有無と生活習慣について、アンケートをとり、その傾向を調べたものになります。

アルコールの摂取、運動の有無、喫煙、果物・野菜の摂取。
これらと痛みの関係性について調べました。

その結果、想定通りの結果が得られたのです。

  • 運動習慣がある人は痛みのリスクが少ない
  • 野菜・果物を定期的にとっている人は、痛みのリスクが少ない。
  • 喫煙習慣がある人は、痛みのリスクが高い。
  • アルコールの摂取と痛みは相関が認められなかった。

このような結果になりました。
運動習慣と食事を気にすることは、痛みを変えていくための簡単な習慣かもしれないということが示唆されました。

>>>関連記事
喫煙のリスクはこんなところにも!タバコと事故の意外な関係性が明らかに。

スポンサードサーチ

生活を変えるためのコツ

痛みと生活習慣との関係性はわかった。
でも、なかなか生活習慣を変えられない、、、

そういう人も多いことでしょう。
生活を変えるためには、まずやってみることが大事。

そして、継続する環境を作ることが、成功へのカギです。
だからこそ、少しずつやることをお勧めします。

最初から、大きな目標を立ててしまうと、失敗するリスクは高くなるものです。
小さい目標を立てて、何度も成功体験を積み重ねることで、自信にもつながります。

小さい目標を繰り返し達成していくことで、大きく生活を変えていくことも可能です。
ぜひ、今から少しずつ変える努力を始めてみてください。

最後までありがとうございました。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です