腰痛の炎症は薬だけでは不十分な理由。原因を見極め、再発を予防する方法。

腰痛には痛みを抑えるために、薬を処方されます。
これは痛み止めの薬と腰痛の原因になっている炎症を抑える薬が処方されることが多いです。

これによって痛みが良くなったり、炎症が抑えられるので症状が軽減したりします。
その時は腰痛が抑えられるので、また生活に戻ることができます。

1度の腰痛で悩んでいる方はそれでいいかもしれません。しかし多くの方は、ぎっくり腰や急な腰痛に悩まされています。

腰痛の対処法がわからないため、その痛みが出てきたら薬を処方してもらい。痛みに対応していく。
この薬の処方は、症状に対しての対応です。

これでは腰痛を根本的に改善することができません。
その原因を理解し、腰痛を自分でコントロールできる必要があります。

腰痛がある方にはなかなか体の変化に気づけない人が多くいます。
そのため、では、体の変化をお客様と共有し、痛みが出たらどうしたらいいのか、というところまで一緒に共有していきます。

薬に頼らない生活をすることによって時間に余裕ができます。
そして腰痛がいつ出るか分からないという、不安もなくす事ができます。

原因を理解し、薬に頼らず腰痛をコントロールしていきませんか?

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぼろぼろの身体をなんとかするために理学療法士に!身体を整えることで人世が変わることを実感!地域活動に力をいれつつ、身体を整え人生を楽しく生きることをモットーに活動中。訪問・自宅での施術行ってます!