運動不足と腰痛の関係性。長く続く腰痛が運動で改善するわけ。

腰が痛いけど、病院にいっても運動不足って言われた。
病院を受診したけど、湿布を出されていつも終わる。
運動不足っていうけど、仕事では結構動いてる、、、

こんな悩みはありませんか?

腰痛に悩まされている人は、年々増加傾向にあるように思います。
実際に、高齢化社会にともなう医療のニーズの増加により、腰痛は仕事場での発生が増えています。

また、デスクワークや座って行う作業の増加により、今後も腰痛は増加していくことが予想されます。

今回は、運動不足と腰痛の関係性について説明していきます。
実は、腰痛を改善するのに特別な運動はいらないのです。

流行している、コアトレーニングなども必須ではありません。
簡単な運動習慣を取り入れることにより、腰痛はかなり軽減していくのです。

 

スポンサードサーチ

3人に1人が運動不足

それでは、運動不足の割合について。
現在は、3人に1人が運動不足とされており、WHO(世界保健機関)でもその対策を進めています。

世界の14億人が運動不足で、2型糖尿病、心血管疾患、2型糖尿病、がん、認知症などの危険性が高まっているという調査結果を、世界保健機関(WHO)が発表した。日本でも3人に1人以上が運動不足だ。

出典元:日本生活習慣病予防協会

このように、運動不足は世界的にも問題であり、生活習慣病の予防においても解決しなければいけない課題の1つです。

腰痛と運動不足

腰痛と運動不足は、大きく関連しています。
特に関係するのは、以下の3つだと考えます。

  • 血流障害
  • 足の筋力低下
  • 太り過ぎ

この3つが腰痛に関連しており、整体に来たお客様でもチェックしながら、施術やトレーニング指導を進めています。

健康維持を図る目的でも、3つの問題を解決することはとても重要です。

腰痛はかなりの経済損失

それでは、腰痛と一緒に問題なのは、仕事の継続ができないこと。
腰痛は、その有病率の高さから分かるように、職業離脱の原因にもなっています。

最近では、プロ野球の選手やゴルフの選手も、腰痛による離脱が増えています。
経済損失は、かなり大きな数字になっているのです。

厚生労働省が実施した国民生活基礎調査(2013年)によると、腰痛は日本人の自覚症状の第1位であり、人口の約9%が何らかの腰痛症状を持つという。これは国民医療費の増加につながり、順天堂大学の伊藤弘明氏の試算では、職場で発症した腰痛(職業性腰痛)の直接医療費は2011年度で821億円となっている。

出典元:exiteニュース

このように、仕事を継続できないほどの腰痛に悩まされている人もいます。
そして、経済損失として考えると、かなり大きな数字になるということです。

しかし、ここで疑問なのはスポーツ選手でも腰痛があるということ。
これについては、運動不足と異なるので、少し説明していきます。

スポーツ選手の腰痛

最近ニュースでよく見かける、腰痛によるスポーツ選手の離脱。
これは、今回紹介する運動不足による、腰痛とは異なります。

運動をした際に起こる腰痛は、さまざまな原因が考えられます。

最近見かけたニュースでは、ゴルフや野球選手などの腰痛。
この競技に共通するのは、決まったパターンの運動を繰り返すということ。

この決まったパターンのみで繰り返される運動が、腰痛のもとになっていきます。
そのため、プロの選手では運動後のケアやコンディショニングが必須となってくるわけです。

 

スポンサードサーチ

運動と腰痛

腰痛を改善するのに、特別な運動は必須じゃありません。
単純な散歩程度の運動でもよいのです。

現代では圧倒的に、長距離を歩くことに慣れていないのです。
仕事をするときも、歩数は稼いでいても長い時間歩くわけじゃありません。

また、多くの人が室内を歩くので歩幅も自然と短くなります。
歩幅が短いということは、筋肉を十分に使えない原因にもなります。

筋肉は大きく動かすことにより、より効率的に働くようになり、血流障害の改善にもつながってきます。
そのため、歩く際には長距離で自然な歩幅で歩く必要があるのです。

体幹トレーニングは必須じゃない

腰痛を改善するための、体幹トレーニングは必須ではありません。
よく腰痛を改善するために、「体幹トレーニングを始める」という方を見かけますがほとんどが自己流。

これでは、腰痛を悪化させる原因にもなりかねません。
そもそもは、体をうまく使えていないから腰痛が発生するわけなので、自己流で行うことは腰痛の改善とは遠ざかってしまうのです。

だからこそ、最初はきちんと本を読んだり、トレーニング指導を受けることをお勧めしていきます。

自己流でなんとかしたい!という人は、時間を作って散歩をすることをお勧めします。
仕事中などの作業時間に腰痛で悩まされた人が、散歩だけで改善するならとても良いですよね。

関連記事>>>
【早歩きの効果は万能!】歩くのが遅くなるのは、老化の証拠早歩きで得られる意外な効果。
この記事では、散歩の際に意識できる早歩きのメリットについて書いてあります。

簡単な運動で、あなたの腰痛を軽減させることができます。
ぜひ、試してみてください。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぼろぼろの身体をなんとかするために理学療法士に!身体を整えることで人世が変わることを実感!地域活動に力をいれつつ、身体を整え人生を楽しく生きることをモットーに活動中。訪問・自宅での施術行ってます!