高齢者の認知症をリズムで改善?最新研究で作業記憶が向上するメカニズムが判明!

歳をとると、認知症を発症してなにもかもわからなくなる。
テレビやネットのことだと思っていたけど、周りに認知症の人が現れると自分のことのように思うようになる。

認知症は現在どんどん増えてきていて、周りでも家族が発症している人もおおいのではないでしょうか。

その認知症では、作業記憶が低下することが知られています。
作業記憶とは、家事や仕事をするような、なにかを作業することに関わっています。

その物事を行うときに、どのようにしたら良いか分からなくなる。
もしくは、作業自体のスピードが落ちていきます。

今回、その作業記憶に関する研究について発表されていましたので、紹介していきます。

脳の側頭野と前頭前野を特異的なリズムで刺激することで、加齢に伴う作業記憶の低下を回復させられるという新知見を報告する論文が、今週される。

引用元:natureasia.com

とのことです。
特異的なリズムで刺激することによって、作業記憶を回復させられるという報告です。

実際に研究では、「リズム刺激を与えながら作業をしてもらう」という実験をしています。
その結果、若い人と同様の若年成人と同様のパフォーマンスを発揮したということでした。

当店でも、このリズム刺激をつかった施術を行っています。
優しい手技で体を整えていきます。

リズムを整えることで、体は良い反応を起こしてくれます。
良い刺激を与えることで、体は心地よいと感じるのです。

また、面白い研究があれば、紹介していきますので、よろしくお願いします。

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぼろぼろの身体をなんとかするために理学療法士に!身体を整えることで人世が変わることを実感!地域活動に力をいれつつ、身体を整え人生を楽しく生きることをモットーに活動中。訪問・自宅での施術行ってます!