EAAやBCAAは太る?インスリン 感受性から原因を探る。

筋肉をつけるために、サプリメントをとっている。
絞るために、アミノ酸を取り始めた。

ダイエット目的にとっているはずが、もしかしたら太る結果になっているかもしれません。
高いアミノ酸濃度が、糖の代謝を妨げる可能性があるのです。

血糖値が高い状態は、脂肪が付きやすいだけでなく、筋肉も付きづらいのです。

そのため痩せるはずが、太ってしまう可能性も、、、
BCAAやEAAは、正しくとることによりトレーニング効果を高くすることができます。

しかし、ただしく取れていないと逆効果にもなりかねません。
今回は、推奨されるEAAの取り方を紹介していきます。

トレーニングの効果

人にとって運動は、体を最適化させるのに最も適しています。
体を動かさないでいると、何か不調な感じがする。頭がボーッとする。

こんなふうに、動かないでいると体も脳もうまく動かない。
多くの人が経験したことがあると思います。

体を動かすことにより、多くのメリットが体に起こるのです。
脂肪の蓄積を防ぎ、筋肉量を増やすことで代謝を増やすことも可能です。

リバウンドしにくい体を作り、楽な体型維持ができます。
脂肪の少ない適度に絞れた体は、体の老化も防いでくれるのです。

過度な脂肪は炎症を引き起こし、生活習慣病や老化の原因にもなります。
運動は体を健康に保つ上での、お金のかからない投資なのです。

 

脂肪があると体に起こること

体に脂肪があるのは、理由があります。
脂肪は体にとって必要であり、様々な機能を担っています。

体の保護や細胞の維持。
エネルギーが枯渇した際の、エネルギー源としても働いてくれます。

適度に脂肪がついていることは、体にとっても良いのです。
しかし、食べ過ぎによる脂肪のつきすぎは体にデメリットを引き起こします。

その一つに、炎症が起こりやすい状態があります。
脂肪細胞は、免疫を担っていて体を守る機能を持っています。

しかし、脂肪細胞が多すぎると免疫が強く働いてしまうのです。
その結果、炎症が起こりやすい状態になります。

炎症は老化の一因とも言われており、動脈硬化や認知機能の低下にも関わってきます。
脂肪がつきすぎた状態は、体を老化させる可能性が高くなるのです。

筋肉をつけることのメリット

ダイエット目的の人も、体の変化が楽しくなるとトレーニングを始る人も多いです。
トレーニングにより、筋肉量が増えることは、体にとってもメリットが多いことは経験していることでしょう。

筋肉がつくと代謝が増え、脂肪がつきづらい状態になります。

また、筋肉自体がエネルギーを使うので、余った糖が脂肪になりづらくなります。
ダイエットと同時にトレーニングをすることは、メリットが多いのです。

筋肉は体を支えてくれるので、姿勢の悪化もトレーニングにより防ぎ、体型の維持にも役立ちます。

もちろん、きちんとした姿勢を意識したトレーニングは必要です。
間違ったフォームでは、体を痛めてしまうかもしれません。

しかし、トレーニングで得た筋肉は、無意識に良い姿勢に導き、体のストレスを減らしてくれます。
同じ仕事でも体へのストレスが少ないと、疲労も軽減します。

実際に、トレーニングが習慣になっている人は、ストレスにつよいことも分かっています。

サプリメントなんかいらない?

トレーニングをしている人の中には、サプリメントに頼らない人もいます。
きちんとタンパク質量を意識して、バランスよく食事をしているのであれば、サプリメントは必要ありません。

実際に、ボディビルの方の中でも、食事量や回数を増やしたりすることで、筋肉をつけ体を大きくしている人もいるそうです。

しかし、そういった食事はかなり気を使います。
毎日バランス良く食事をするのは、ストレスにもなりかねません。

トレーニングをするときに、エネルギーや体を作るための材料がなければ、効果が少なくなってしまいます。
体の状態を最適にし、トレーニング効率を上げるためにサプリメントを取るのです。

初心者こそ、ただしく取ることにより、その恩恵を大きく受けることができるでしょう。

正しく使って効率アップ

今回紹介しているのは、EAAです。
EAAは、必須アミノ酸のことです。

私も毎日とっているサプリメントであり、取ることによって筋肉のつき方や疲労が軽減したことを実感しています。

EAAは、体の中で作ることが難しい、アミノ酸のことです。
そのため、食事から取ることが推奨されています。

人間の体に必要なアミノ酸は20種類です。
この20種類のアミノ酸がバランスよくある状態でないと、体の中でつかえません。

必須アミノ酸をとることにより、食事のバランスをととのえ、効率よく体を整えてくれます。

 

EAAの取り方

EAAは、血中アミノ酸濃度を高く保つのに役立ちます。
摂取することにより、筋肉を作るための環境を整えてくれるのです。

実際に研究でもこのように示唆されています。

EAA摂取により、GM筋肉の構造が大きく変化しました。これらのデータは、EAAの補給が筋肥大と構造にプラスの効果をもたらし、そのような栄養介入が窒素バランスおよび/または初期強度が低い被験者においてより効果的であると思われることを示しています。

出典元:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/20521064-effects-of-a-combined-essential-amino-acidscarbohydrate-supplementation-on-muscle-mass-architecture-and-maximal-strength-following-heavy-load-training/?from_term=eaa+training&from_page=4&from_pos=9
 
トレーニングによる筋肥大効果は、初心者ほど得られやすくなります。
BCAAなどのサプリメントも、初心者ほど効果を得られやすいとの研究もあるくらいです。
 
初心者の方で効率よく筋肉をつけたい、という人はサプリメントを試してみても良いと思います。
 

あなたをサポートしてくれるサプリメント【Myprotein】

 

脂肪がついてしまう?

脂肪がついてしまうのは、代謝できないほどのサプリメントを取った場合です。
とくに、BCAA濃度が高い場合に、肥満になる可能性が高くなります。

BCAAは、必須アミノ酸のうち筋肉増強、肥大に効果があるとされています。
牛肉などの肉類にも豊富に含まれています。

このBCAAが高い人ほど、インスリン抵抗性が高いことが知られています。
筋を動かすなど、トレーニングの際にも使われるBCAAですが、自分の代謝能力異常に取ると、肥満につながってしまうかもしれないのです。

とはいえ、摂取の推奨量は10g程度ですので、肥満につながることは少ないでしょう。
むしろ、インスリン抵抗性を改善したりすることも示唆されています。

トレーニングする際には、あなたを助けてくれるサプリメントになることでしょう。

ぜひ、参考にしてください。
最後までありがとうございました。

 

 

 

 

こちゃこちゃ

こちゃ

ぼろぼろの身体をなんとかするために理学療法士に!身体を整えることで人生が変わることを実感!地域活動に力をいれつつ、身体を整え人生を楽しく生きることをモットーに活動中。訪問・自宅での施術行ってます!

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP