【小児喘息にも関連?】ジュースが与える体への影響を解説します。

子供がお腹が空くからといって、ジュースを与える。
おやつにソフトドリンクを与えている。

こういった行動が、もしかしたら喘息や病気のリスクを上げているのかもしれません。

100%ジュースなども、最近ではネガティブな報告も出てきています。
子供の健康を考える上で、どんな飲み物が良いのかは、考え直す必要があるかもしれませんね。

今回は、飲み物の取り方と喘息との関連についてお伝えしていきます。

 

スポンサードサーチ

ソフトドリンク摂取量

ソフトドリンクの摂取は、欧米に比べて日本は低い傾向にあるようです。
健康意識の向上により、ミネラルウォーターを選択している人も増えているようです。

引用元:全国清涼飲料連合会

引用元:全国清涼飲料連合会

とはいえ、炭酸飲料の摂取量も増えてきていますね。
気にせず毎日飲んでいる人は、かなりの悪影響を体にもたらしています。

健康の維持において重要な血糖値の管理が、ソフトドリンクによってかなり乱されてしまうからです。

血糖値が乱高下する状態では、ダイエットやトレーニングの効果を減少させてしまいます。
そして、病気を引き起こす可能性も高くなるのです。

ソフトドリンクと病気の関係

それでは、最初に研究の紹介からしていきます。
ソフトドリンクの量と喘息との関係を調べたものです。

解析結果によれば、ソフトドリンクの消費は、成人(オッズ比1.37、95%信頼区間1.23-1.52)、小児(オッズ比1.14、95%信頼区間1.06-1.21)のいずれにおいても喘息リスクを上昇させました。

引用元:日経メディカル

なぜ、喘息を引き起こすのかは、明らかではありませんが、インスリンの抵抗性について言及されていました。

ソフトドリンクの摂取は、血糖値をかなり乱高下させます。
子供のような小さい体では、その影響は大きくなるのでしょう。

子供だからといって、甘いものばかり飲ませるのは問題になりそうですね。

スポンサードサーチ

炎症管理と病気の発症

炎症の管理は、病気を起こさない身体作りにおいてとても重要です。
炎症は、老化の三代因子と言われています。

体のなかで、炎症がある状態は老化をはじめ、様々な病気を引き起こす可能性があります。

例えば、慢性的な炎症により、痛みを感じやすくなったり、認知症のリスクも上がってしまいます。

また、アレルギーの発症に関連する、腸内の環境も見出してしまいます。
子供のアレルギーは、ソフトドリンクの可能性もあるかもしれないということです。

 

腸内環境と糖分の関係性

腸内環境を整えることのメリットは、最近になってかなり知られてきています。
最近では、さまざまな商品が開発され市場に出回っています。

しかし、中には糖分が多いものが多く、メリットよりもデメリットの方が多いのではないか。
そう思うものもあります。

糖分が多いと起こるデメリットは、腸内環境の悪化です。
腸内の悪玉菌が、糖分を栄養として活発になってしまうのです。

腸内環境を良くするどころか、悪化させてしまうのです。
その結果、腸内で炎症を引き起こし、アレルギーの可能性も高くしてしまうのです。

喘息は気道の炎症を抑えることから

喘息は気道の炎症により、呼吸のしづらさを引き起こします。
細かい塵やほこり、激しいスポーツなどにより引き起こされます。

他にも、体のなかで炎症が起こっている状態は、喘息を引き起こしやすい状態と言えるでしょう。

炎症が長く続くと、広範囲に広がっていきます。
腸内の悪化はアレルギーを引き起こしやすい状態になるのです。

そして、ソフトドリンクの過剰摂取は、肥満にもつながります。
肥満も炎症値をあげることがわかっており、喘息の状態を悪化させる可能性もあるのです。

スポンサードサーチ

ソフトドリンクを飲むなら

ソフトドリンクが体に起こすデメリットは、こう見るとかなり大きいものです。
なるべくなら、摂取したくないですね。

とはいえ、いきなりゼロにはできないものです。
そのため、飲むなら食事の時に少量が良いでしょう。

空腹時にとってしまうと、大量にとってしまう可能性もあります。
また、血糖値の乱高下も引き起こします。

食事と一緒に取ることにより、とりすぎを減らし、血糖値の乱高下を抑制してくれます。
そのため、取るのであれば食後のデザート程度で取ると良いと思います。

子供の成長を助ける環境を作るのは、親の知識を増やすことも大事です。
まずは、親が実践しながら子供に教えてあげるのも良いかもしれませんね。

ぜひ、参考にしてください。
最後までありがとうございました😁

 

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぼろぼろの身体をなんとかするために理学療法士に!身体を整えることで人生が変わることを実感!地域活動に力をいれつつ、身体を整え人生を楽しく生きることをモットーに活動中。訪問・自宅での施術行ってます!