働き方改革。時代の流れにあった仕事の仕方とは?残業をするのはもう時代遅れ?

今回は、働き方改革についての書籍。

 

 

人口の変化が著しい現在において仕事の働き方にかなりの変化を求められています

昔の人口が多い時代には、若者世代が働くだけで、高齢者を支えられる仕組みになっていました。

しかし、高齢化社会になり、若者が減って来ています。
そのため、今後は仕事の働き方と言うのを考える時代になってきており、そういった時代の中で働き方改革と言うのは喫緊の問題です。

若い世代が多い時代には仕事をたくさん行えば、お金が入ってくる仕組みになっています。
現在では人口が減ってきて、高齢者を支えて仕組みが変わってています。
少ない若者で支えていくので、高齢者をいかに支えていくのかという仕組みが、今後の課題になってきます。

昔は多く働けばお金が入ってきたが、今は長い時間働いても、お金は思うように入ってきません。

この問題を解決するために今の仕事の仕方を考えることが、必要なのです。

ただし、仕事の本質は変わらないので、人口の変化に対応するにはどうしたらいいのかっていうの考えていく必要があります。

今回の働き方改革の方針においては、時代の流れから「どのようにして仕事をしていけばいいのか」というふうに、これから変わっていくのか。

 

子供が少ない中で高齢者いかに伝えていくかが、課題になってくるので短い時間でいかに、効率的に仕事をこなすかが大事になってきます。

若者が少ない現代は、生産性を求める時代です。
そのため今後の働き方には、仕事の効率性が求められ、いかに仕事をこなしていくかを意識していく必要があります。

この効率の向上にはチームの関係性をいかに使えるかが鍵です。
スキルを生かしつつチームでいかに生産性を上げるかが必要になります。

そのためにはチーム相互の関係性が重要です。

会社の風土を理解しその会社にあった改革が必要になってくる。

高齢者が増えた今少ない世代でいかに生産性を上げるかが必要になって来る時代です。
少ない若者でこれを実現させるには、仕組みが大事で、いかに効率的かつ生産性のある仕事をできるかっていうの重視した働き方が求められます。

自分のスキルを高めつつチームに貢献していく、そしてチームワークが生かせるような環境作りをしてあげることが課題型改革に最も言われています。

 

こちゃこちゃ

こちゃ

ぼろぼろの身体をなんとかするために理学療法士に!身体を整えることで人生が変わることを実感!地域活動に力をいれつつ、身体を整え人生を楽しく生きることをモットーに活動中。訪問・自宅での施術行ってます!

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP