眼精疲労の原因をチェック!習慣を変えれば、疲労も管理できる。

こんにちは、古茶(@kazu_5321)です。

最近周りで、眼精疲労についての話題が多いです。
みなさんはどうですか。

PC作業やスマートフォンでの作業をしている時間が、以前に比べて増えていますよね。
こういった状態が長く続くと、眼精疲労が出てくる人がいます。

でも、作業をしないわけにもいかないし、眼精疲労になるのは我慢しなければいけない。

このように思っていませんか。
実は、眼精疲労になるのは、理由があるんです。

同じくらいの作業をしているのに、疲労の度合いが全然違う。
こんな人、周りにいませんか?

同じような作業量でも、体に出てくる症状は、その人によってそれぞれなんです。
周りの人より、眼精疲労を溜めやすいのであれば、この記事が参考になります。

今回は、『眼精疲労が出る人と出ない人』この違いについて説明していきます。
あなたは、知らず知らずのうちに、眼精疲労を溜めてしまう習慣を作っていたのかもしれません。

内容をチェックして、眼精疲労の原因を確認していきましょう!

眼精疲労の状態

眼精疲労の状態は、身体はどんな状態なんでしょうか。

この眼精疲労は、いわゆる目の疲労が溜まっている状態です。
目を動かす筋肉は、実はたくさんあるんです。

ピントを合わせる筋肉。
眼球を動かす筋肉。
まぶたの筋肉。

これ以外にも大きな頭を支えている、首の筋肉も体への影響は大きいです。

色々な筋肉が、関わって眼を動かしています。
そのため、眼精疲労といっても様々な症状がでます。

人によって様々で、身体の特徴によって出てくる症状は変わってきます。
そのため、今回は代表的な症状について説明していくことにします。

眼精疲労の代表的なものは以下のもの。

  • しょぼしょぼする
  • 目が乾く
  • ピントが合わない
  • 目の奥がいたい
  • ダブって見える
  • 霞んで見える
  • だるい感じがする

こういった症状が眼精疲労で出てきますよね。
特に痛みやだるさが出てきている人は、注意が必要です。

慢性的な疲労は、大きな病気につながることもあります。
疲労の管理はとても大事な考え方です。

眼精疲労が続くとどうなるか

眼精疲労は、作業に支障がきたすだけでなく、普段の生活でもストレスになります。
人は、外界の情報の8〜9割を目に頼っています。

そのため眼からうまく情報が取れないと、かなりのストレスになります。

『うまく見えない状態』これは、顔の表情も変えてしまいます。
見づらい状態は、眉間にしわを作ってしまいます。

この状態で、人と接すると怒っているような印象を受けてしまうかもしれません。
人の表情は、印象においてとても大事な要素です。

いつも眉間にシワが寄っている人とは話したくないですよね。
眼精疲労は、自分だけでなく相手への影響も与えてしまいます。

眼精疲労が長く続くと、、、

眼精疲労は、表情にも出てきます。
そして、身体の影響も及ぼします。
自分への影響としては、こんなところ。

・見えづらくて運転がしづらい
・映画やテレビがみづらい
・作業がしづらい、仕事が進まない
・勉強をしたくてもできない
・頭がすっきりしない

色々な影響が出てきますね。
眼精疲労は、色々なことを引き起こしてしまうんです。

眼精疲労の原因

眼精疲労は、習慣によって変わってきます。
同じ作業でも、眼精疲労の症状に差が出るのは、理由があります。

それは、普段の習慣です。
大事なのは以下の3つです。

  • 姿勢
  • 食生活
  • 運動習慣

この3つで眼精疲労は大きく変わってきます。

姿勢

パソコン作業や事務作業を行う時に大事なのは、姿勢の意識。
眼精疲労がある人は、姿勢が悪いことが多いです。

特に大事なのは頭の意識。

頭が下に向いている状態では、目がうまく動くことができないんです。
何か作業する時には、頭を少し引いて、視線を上げた状態で作業することが大事です。

頭の位置を整えることは、疲労管理においてとても重要な考え方です。

食生活

食生活で大事なのが、食べ過ぎないこと。
食べ過ぎは体に負担をかけてしまいます。

これによって、姿勢が悪くなるだけでなく、内臓にも負担がかかります。
眼精疲労を最小限に抑えるには、体を回復させる状態にする必要があります。

内臓に負担がかかると、身体のエネルギーは内臓にいってしまいます。
その結果、眼の疲労を回復させるエネルギーを消費してしまうんです。

食事は意識して取る必要があります。

運動習慣

運動は体に対して、多くのメリットをもたらします。
今回、眼精疲労と関わってくるのは『血流』の問題。

眼は起きているときは、常に働いています。
そのため、エネルギーの供給が常にされていなければいけません。

このエネルギーを供給するのに、必要なのが血管の機能です。
実は血管をよく使用していると、血管の機能が高まるんです。

効率よく血を流そうとするわけです。
血流が良い状態は、エネルギーの供給をしやすいため、眼精疲労を管理することにおいて、運動をすることはとても大事です。

運動習慣がない人は、ウォーキングなどから始めると良いです。

まとめ

眼精疲労は、長く続くと多くのデメリットをもたらします。
表情も厳しくなるし、作業もうまく進まないという状態に。

また、プライベートでも読書や映画鑑賞、スマホでのやり取りにも支障が出てきます。
何事も早めに対処するようにしていきましょう!

  • 眼精疲労は習慣で症状が変わる
  • はやめの対処で疲労をコントロール
  • 姿勢、食生活、運動で眼精疲労を管理

いきなり3つ全てを意識しなくても良いです。
1つずつでも、十分に効果があります。

なにより、無理をして体に大きな負担をかけてしまっては、元も子もありません。
少しずつ始めてみてください。

予約・お問い合わせ

記事を見ていただきありがとうございました。
現在、袖ヶ浦の自宅・訪問にて施術を行なっております。

運動や食事、姿勢の意識などは、専門家にまずみてもらうのが一番です。
正しい方向がわかれば、努力も実ってきます。
自己流は、努力を無駄にしてしまう結果にもなりかねません。

自分の身体のことについて、なんとかしたい!って思っている人の力になりたいです。

記事を参考にしていただき、身体の変化を体感してみてください。
気になる点や施術予約はこちらからできます。

友だち追加

施術内容、料金についてはこちらを参考にして下さい!

袖ヶ浦整体 パルク〜pUrK〜 施術内容について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぼろぼろの身体をなんとかするために理学療法士に!身体を整えることで人世が変わることを実感!地域活動に力をいれつつ、身体を整え人生を楽しく生きることをモットーに活動中。訪問・自宅での施術行ってます!