【ヨガポーズ一覧】ブログでいちばんよくわかる(を目指す)!ヨガポーズ全集実践画像!

ヨガを始めたいけど、何をやったら良いかわからない。
どのポーズをしたら良いんだろう。

そんな人に向けてヨガポーズを紹介していきます。
ヨガはポーズをすることがゴールではありません。

ヨガを通して自分を見つめ直し、自分を整えていくことが大事です。
ポーズをしながら、自分の姿勢や緊張、呼吸に目を向けて取り組んでみてください。

 

スポンサードサーチ

ヨガポーズ一覧<初級>

それでは、ヨガポーズを紹介していきます。

この書籍を参考にしていきます。

瞑想の時の座り方

瞑想は、安定してそのポーズを続けられれば、なんでも良いです。
座っていても、立っていても自分を整える時間を作ればどの姿勢でもできます。

私がいつも行なっているのは、半分足を上に乗せたあぐら座位。

この姿勢で最初は5分程度。
慣れてきたら時間を伸ばしていくと良いです。

何も考えずに、耳から入ってくる情報を流していく状態。
自分の姿勢と緊張に向き合ってください。

最初の5分だけでも、スッキリしたような感じがくるはずです。

 

半前屈のポーズ

私もまだまだ!
前屈を深める前に、背中を伸ばすポーズです。
前に手を置くことで、背中の伸びを感じることができます。

 

前屈のポーズ

腕の伸びも感じられるこのポーズ。
朝一番にも持ってこいです。
巻き肩や猫背の人はぜひ取り組んでみてください。

 

下向きの犬のポーズ

ヨガの中でよく見るポーズです。
本当このポーズは難しい!
奥が深いポーズです。脚の伸びを感じつつ、背中も伸ばしていく。

手も足もながーーく伸ばしていくのがコツです。

杖のポーズ

長座のポーズです。
これは座って行うポーズの基本。
動きを行う前にこの姿勢をとることが多いです。
脚の裏が痛い人は曲げて取り組んでもOK!

チャイルドポーズ

正座から前に倒れるポーズです。
身体を倒し、脱力していきます。

全身にはいった力を抜きながら、全身の緊張を落としていきます。
おでこを床につけることでリラックスできます。

板のポーズ

ラインを意識して行うことで、姿勢を整えます。
体幹が弱いとやりづらいポーズです。

一直線を目指していきましょう。

コブラのポーズ

 うつ伏せの状態から起こしていくポーズ。
身体の反りを意識しながら、伸びていきます。

前面を伸ばすのに最適!
下向きの犬のポーズと一緒に行うこともあります。

仰向けのチャイルドポーズ

足をお腹につけるポーズ。
このポーズ意外とできない人が多いポーズでもあります。
股関節の動きを良くするのと同時に、身体の緊張をとりリラックスできます。

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぼろぼろの身体をなんとかするために理学療法士に!身体を整えることで人世が変わることを実感!地域活動に力をいれつつ、身体を整え人生を楽しく生きることをモットーに活動中。訪問・自宅での施術行ってます!