【袖ケ浦の整体】腹筋をしたら首が痛くなったのはなぜか。

自粛中になまったから、腹筋したら首も痛くなった、、、
トレーニングした後から、なんだか首が痛い。

こんな人の話を最近は、よく聞きます。
特に、腹筋などの自重トレーニングは、どこでも取り組める手軽なものです。

しかし、その腹筋トレーニングは体を歪めているのかもしれません。
正しい腹筋を知らないと、首の痛みを強くしてしまうかも、、、

体を曲げるような腹筋は、体には悪影響を及ぼす可能性があるのです。
理想的な腹筋の使い方は、体を曲げません。

どのような使い方をしたら良いのか、説明していきますので参考にしてください。

腹筋は曲げてはいけない理由。

腹筋などのトレーニングは、運動をした人なら一度はやったことがあるでしょう。
身体測定でも、やるこういった動きです。

腹筋というとこういった、トレーニングが一般的だと思います。
しかし、この腹筋は体を歪めてしまう原因になりかねません。

体を曲げるような運動は、姿勢を丸くしてしまいます。
さらに、いつもの姿勢に偏りがある場合、腹筋にも左右差が生じています。

そのような状態で、腹筋をしていると体の姿勢が悪くなり、首に痛みが出てしまうのです。

首は負担を受けやすい

普通の状態では、首はからだの上に乗るような形になります。
この状態が理想で、頭のバランスをとりやすくなります。

このような状態では、バランスがとりやすく首への負担は少なくなります。
しかし、腹筋をすることで、姿勢が悪くなってしまうと、このようになってしまいます。

この状態では、首にも負担が強くなり、痛みが出てしまいます。
こういった状態をととのえるためには、きちんとした腹筋の使い方を覚える必要があります。

正しい腹筋とは?

最近よく聞くような、「逆腹筋」というトレーニング。
体をそらすような状態で、トレーニングするというもの。

このような腹筋も、体を曲げないため理想的な使い方になります。
当店では、このようなトレーニングに、その人に合わせてコーディネーションして提供しています。

簡単な例でいうと、逆腹筋+回旋。
体をひねる動きで腰痛がある人も、動かし方がかなり影響します。

首の痛い人には、それにあったうごかし方があるということです。
とはいえ、体を曲げるような腹筋をしている人は、逆腹筋を入れてみることをお勧めします。

ぜひ、参考にしてください。

動画でも話しているので、参考にしてください。

こちゃこちゃ

こちゃ

ぼろぼろの身体をなんとかするために理学療法士に!身体を整えることで人生が変わることを実感!地域活動に力をいれつつ、身体を整え人生を楽しく生きることをモットーに活動中。訪問・自宅での施術行ってます!

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP