コロナ自粛で池づくり。自作池に植栽をしました。

こんにちは、サロンパルクのこちゃです。
コロナ自粛で(妻への言い訳(笑))庭に池を作りました。

私のように田舎で庭がある人や、金魚やメダカが増えてきてしまった人。
自然のような環境で魚を飼育してみたい人は結構多いのではないでしょうか。

実際にコロナによる自粛で、アクアリウムがブームになったと聞いています。
そんな中、庭に池を作って楽しんでいます。

以前作成の様子をまとめているので、こちらから見るとスムーズかと思います。

子どもからの夢?防水シートで池を自作!

作成して一ヵ月も経っていないので、自然な感じはまだまだです。
生体も冬なのでじっとしています。

しかし、庭に出たときに池があるというのはとても癒されます。
今回は、その庭に植栽をしたので紹介していきます。

スポンサードサーチ

庭の目指すところ

私の目指す庭は、ビオトープのような感じです。
ビオトープとは、このような意味だそうです。

ビオトープとは、ギリシャ語の「bios(生物)」と「topos(場所)」の合成語で、生物が自然な状態で生息している空間のことを意味します。

引用元:https://horti.jp/25575

田舎はすでにビオトープかもしれない(笑)
私の庭先には、ヤモリやトカゲ、トンボやミツバチも来ます。

コオロギなんかもよく鳴いています。
良いバランスで生態系ができているのでしょう。

そんな中に、池を作成して自然を追加していきます。
池がないころの様子はこんな感じです。

寂しい防水シートの端っこ

こんな感じで池を作成したのですが、なんともさびしい。
ここで魚を飼育しても良いのでしょうが、なんだか養殖業の人みたい。

自然を楽しみつつ、魚も楽しく鑑賞したい。
そんなわけで、タイトルにある通り植栽を楽しみました。

植栽したのは

  • シュガーパイン
  • つる系植物
  • シダ(天然採取)
  • マメツタ
  • タマゴケ

です。
こんな感じで植えました。

   

植える前はこんな感じです。

時間帯が違うのでなんとも言えませんが、満足しています。
これから、苔や植物を追加して、整えていこうと思っています。

スポンサードサーチ

池作成に使ったもの※参考に

 

イメージとして張っておきます!
それではまた、次の記事でお会いしましょう!
 
 
 
 
 
 
 
 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ぼろぼろの身体をなんとかするために理学療法士に!身体を整えることで人生が変わることを実感!地域活動に力をいれつつ、身体を整え人生を楽しく生きることをモットーに活動中。訪問・自宅での施術行ってます!