首が痛くて起き上がれない!考えられる原因と対策。

!こんにちは。
サロンパルクのこちゃです。

最近では、首周りの痛みに対する問い合わせが増えてきています。
急性な痛みに関しては、既存のお客様にはアドバイスや施術をさせていただきます。

新規のお客様で、急に痛みが出た方に関しては、症状など簡単な問診をして、病院受診を勧めることもあります。
首の痛みは重大な疾患のサインだったりもします。

そのため、病院を受診し危険ではないと判断してもらうのも、とても重要です。
病院受診で、重大な疾患がないとわかっても、痛みが続くようでしたら整体などに通うのも一つの手です。

痛みが出るということは、身体に何らかの問題があるということ。
実際に骨折や筋肉の損傷がなくても、身体の動きに問題があれば痛みが出てきます。

他の人がやってもいたくない動きで、問題が出ているわけですから、その問題を改善する必要があります。
首の痛みは、気になりだすと作業に集中できなかったり、ストレスにもなりますよね。

だからこそ、根本から体の動きを見直し、生活習慣の見直しが必要になってきます。
今回の記事では、首が痛くて起き上がれない原因と対策についてお話していきます。

最近悩んでいたり、病院に行っても痛み止めや湿布を出されて終わりで悩んでいる方の、力になれば幸いです。

スポンサードサーチ

痛みの原因

首が痛くて起き上がれない原因。
今回は、骨折や神経症状がなく、極端な変形もないものとします。

実際に、レントゲンをとっても、MRIでも異常がないと言われて、相談に来る方はとても多いです。

こういった場合の痛みは、動きに問題があることが多いです。
通常の動きであれば、痛みは出ないはずです。

普段から、首に負担がかかる動きをするため、ストレスがかかり積み重なって痛みとなるのです。
姿勢なども問題になりますが、あくまで指標の一つとなります。

動きを整えることにより、動かしやすくストレスのない状態を目指すことが目標になります。

首が痛くて起き上がれない時の症状

起き上がれないときには、首を曲げる動きと回す動きがスムーズに行えていません。
首の骨は小さく、いくつかの骨が協調的に動かなければいけません。

動きがくるってしまうと、一つの関節や骨に負担がかかってしまうのです。
負担がかかると、それを守ろうとして筋肉は固くなります。

そうすることで、さらに関節へ負担がかかり痛みも強くなってしまうのです。
そのため、こういった場合の対処は筋肉を緩ませ、正しい動きを覚えることが大事になってきます。

スポンサードサーチ

筋肉を緩める

筋肉を緩める方法はたくさんあります。
そのなかでも、行いやすいのがリラックスする方法。

痛みが出ている筋肉を手のひらなどで包み(首の後ろや横の場合は手のひらを当てる)
深呼吸しながら筋肉の緊張を感じます。

息を吐くときに筋肉を緩ませ、吸うときに力が入るのを感じてください。
それを繰り返し、徐々に筋肉を緩ませていきます。

それができたら、徐々に体を動かすようにすると、身体の動きの変化を感じることでしょう。
痛みが変わらないとしても、筋肉が適度に緩んでいる状態を作ることはとても有用です。

固まっている筋肉では、血流量も乏しくなります
そのため、老廃物も流れず疲労も蓄積します。

筋肉を動かすためのエネルギーも枯渇し、酸欠状態にも。
そんな状態を改善するために、筋肉の変な緊張を取ってあげるのです。

普段からの動きにも注意する

首の動きは、普段のストレスにより障害されることもあります。
生活習慣や癖、環境によってストレスが蓄積されていくのです。

例えば

  • デスクワーク
  • 運動不足
  • 食べ過ぎ
  • 合わない靴やかかとの覆われていない靴
  • かみしめ、睡眠不足
  • 過度なストレス環境

などなど
最近では、やはりデスクワークによる影響が多いように感じます。

動かずに視線が一定であることは、身体にとってはかなりのストレスなのです。
この首に関しては、ほかにも記事を書いているので、ぜひ参考にしてください。

【大人でも首が座らない?】意外な疲労の原因。

施術、症状の相談はこちらからお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓
ラインで相談!

YouTubeもやってますので、参考にしてください!
https://youtu.be/SWZdFgb1R7g

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ぼろぼろの身体をなんとかするために理学療法士に!身体を整えることで人生が変わることを実感!地域活動に力をいれつつ、身体を整え人生を楽しく生きることをモットーに活動中。訪問・自宅での施術行ってます!